ヨガを教えるのに必要なこと//クラスでネガティブ発言する生徒さんとの関わり方。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


《55日ダイエットヨガ》プログラムに参加のE先生。
合わせて《インナーアクティベーションヒーリング》も同時に体験していただいております。

早速、クラスでの生徒さんとの関わり方に変化があったそうでシェアしてくれました✨

いつもクラスに参加してくれるとある50代の生徒さんがいらっしゃるそう。
元気いっぱいで毎日を楽しんでいるおおらかな方だそうですが、ここ数ヶ月、メンタルバランスを崩されていたそうです。
T先生はそのことに気づきながらも、どう言葉をかけていいのか?わからず、気になっていました。

ですが、《インナーアクティベーションヒーリング》のモニターに参加した後、その生徒さんからクラスの終わりに声をかけられたと言います。


『以前から来てくださっている生徒さんが、ちょっとメンタルバランスを崩されている方がいらっしゃって。。
本来はとっても元気で前向きな明るい方なのですが、なんでかその日は、その方が『もうやる気が出ない。。』『疲れる〜〜』とネガティブ発言や愚痴をたくさんクラス終わりに話してくれたんですよね。。
その話を聞いていると、ちょっとそれおかしいな、、と感じることもあったり。
ですが、以前の自分なら、「それは違うと思いますよ。」と、瞬時に言っていたところでした。
なんでか今日は、
「この人は今こういう状況だから、受け入れてほしいし聞いてほしいんだよね。。だからそういう否定するような言い方をしても、元気になるタイプじゃないな」と思って、落ち着いて彼女の話が聞けて、「大丈夫ですよ。」って安心して元気になれる言葉をかけられたんです。後日その生徒さんからラインをもらって✨元気になってくれたことがちょっと嬉しかったんです。』



E先生ありがとうございます。

ヨガの先生で多いお悩みの一つは、生徒さんが悩んだり、愚痴ったり、落ち込んでいる時の対応やコミュニケーション。
以前、いろんなヨガの先生からお話をきたときに、

『ポジティブじゃない生徒さんとは距離を置くようにしています。』
『ネガティブなことを生徒さんから言われると、自分も落ち込んでしまいます。』
『なるべく相談したり悩みを話されないように、近づきにくいオーラ出してます。』
『相談されると、ずっと話を聞いてしまって、、生徒さんから依存されるようになりました。』

このようなお悩みをよく耳にします。
私の経験上、特にヨガというカテゴリーを選んでくる生徒さんは、何かしらの心とカラダの不調を抱えていたり、お医者さんからヨガがいいから取り入れてみては?と勧められたから来ている、という方も多かったりするもの。
ということは、何かしら心身のアンバランスを感じている方が多いものです。


こういった生徒さんが多い場合、どうコミュニケーションを取ったら、生徒さん自身が元気になって、いい関係を築いていけるのでしょうか?


私自身も同じような経験があります。
そこから学んだことは、ヨガティーチャーとして自分が生徒さんに提供できることはどんなことなのか?をしっかりご自身が明確にしているか?ということ。


特にヨガティーチャー側も心身のバランスを崩した経験をお持ちの方が多いもので、その苦しさや悩みがわかるからこそ、先生が生徒さんの抱えている悩みを解決してあげようとしてしまい、お互いの関わり方のバランスを崩す場合が多いのかな?とも伺えます。
そして、過去の私自身もそう言った経験があるからこそ、自分がどういった立場で生徒さんと関わるのか?を決めていなかったことで、自分ができること以上のことをしてしまうようなシーンが多くありました。
そうなると、先生側としても自分のスキル不足に自信をなくし、もっと生徒さんが喜んでもらえるように生徒さんの悩みを解決できるティーチャーにならなくちゃ!!と感じて、自信を取り戻すために新しいスキルの養成講座に通い続ける、という行動を何度も繰り返していました。

ですが、これを続けていても、生徒の本当の悩みは解決されていかないままなのです。

そしてヨガの先生という立場としてできることは、肩こりを解消してあげることでも、腰痛が良くなるポーズを教えてあげることでもないのだ、という一つの答えが自分の内側から見つかりました。

クラスにはいろんなタイプの生徒さんがいらっしゃいますが、私自身の経験上、生徒さんとのコミュニケーションで一番大事にするべきは、

生徒さんの今の状態を一旦受け入れてあげること。
受け入れるってどうやってやるのか?を、その在り方=周波数で教えてあげること。

これは顔だけニコニコして、無意識では『関わりたくないな〜〜嫌だな〜〜そういう考え方は良くないな。。』って生徒さんをジャッジして避けている状態は、生徒さんには無意識に受け入れられていないのでは?と伝わってしまうものなのです。
実際私自身も、人からのいろんな影響を受けやすい体質なもので、ご相談を受けたときに『疲れるな〜』と感じていたとしても、どうにか笑顔を作ってごまかしていたこともあります。ぶっちゃけ(爆)

ですが、そういう生徒さんが来たとき、ヨガティーチャー側がどういう在り方でいるのか?生徒さんをどう無意識から捉えているのか?によって、生徒さんのその先の未来の状態さえも変わっていくものなのだ、と良くわかったのでした。

E先生のケースでは、もし以前のE先生の状態で落ち込んだ生徒さんと関わった場合、生徒さん側としては『E先生に受け入れてもらえなかった』と感じたかもしれません。

なぜなら、E先生の『それは違うと思いますよ。』と伝えようと思った言葉の奥につながる思いに、
『あなたの今の状態ではダメですよ』というジャッジが含まれており、E先生自身がこの生徒さんの状態を受け入れられることに抵抗があったからなんだと思います。

ですが、E先生の心身が軽くなり、ゆとりができ、受け入れられるスペースが増えたことで、その生徒さんの話を淡々と聞いてあげる余裕ができたこと、
また無意識の状態から生徒さんの受け入れ体制ができたことで、生徒さん自身も『受け入れられている』という感覚が伝わると、結果、生徒さん自身が自分を受け入れられていなかったとしても、誰かに受け入れられた経験をすることで、今の自分を赦せてちょっと元気になったりするものなのです。結果、肩こりも腰痛も生徒さんなりに軽くなる方がほとんど✨

ヨガは内側にあるいいも悪いも受け入れていくこと。
とは言いますが、ヨガティーチャー側も生徒さん側も情報としては知っていても、『それってどうやってやるのよ??』というのが正直なところなのかもしれません。

生徒さんもヨガティーチャー側も受け入れを進めていくために、ヨガティーチャーという立場から、まず生徒さんに提供できる最も大事なことは、先生側からどんな自分も自己開示して、自分はそういう時どうしたのか?のリアルな体感体験から学んだことをシェアして知恵を分け与えてあげること。
これに尽きる!!

だからこそ、いろんな体験をしている方の方が、私はヨガの先生には向いているな、と思いますし、たとえ私のように黒歴史がわんさかあったとしても、それを白歴史に自然に変わっていったきっかけを素直に自己開示すればするほど、生徒さんの信頼度は増えるし、結果ビジネスもうまく循環していくものなのだ、と良くわかったのです。

もし、それが恥ずかしいし難しい、と感じる方は、ぜひ《インナーアクティベーションヒーリング》で心身のしなやかさを体感いただき、ご自身だからこそ生まれた体験からの知恵を生徒さんに還元できる土台作りをまずはしてほしいな、と感じます。

今後のE先生の変化もまたシェアさせてください🙏









『心とカラダの状態』は、日常のクオリティオブライフに直結しています。
もし、何かうまくいかないことが多いと感じる時、日々の栄養バランス、睡眠、運動習慣、生活習慣を一度見直してみてください。

『実は仕事が忙しいのが当たり前でストレスが溜まっているのかも、、。』
『夫婦関係がうまく行ってなくて家でリラックスできない。。』
『やりたいことがあるけど、なかなかお金が貯まらなくて、、』
『子供が全然勉強してくれなくて、、。』
など、何かモヤモヤすることがあるならば、あなた自身でライフバランスを見直してみるいいチャンスです。

自分のカラダの遺伝子的傾向を知ることは、一生変えられない自分の特性を大事にしながら、より自分が自分らしく安心して過ごせる未来をつくる一歩につながります。

55日ダイエットヨガ》体験クラスでは、『カラダが変われば心が変わり人生が変わる』を軸に、皆様がより自分の力で一歩大好きな自分の毎日を創造するために必要なことをシェアしています。

お気軽に遊びにきてくださいね✨




《55日ダイエットヨガ》ご参加の生徒さんの変化




当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的なヨガ・有酸素運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。