生徒さんに成果を出すのに必要なこと//カラダだけ頑張って動かすヨガは原始時代戦うモードになりやすい?

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


ヨガのクラスに参加していると、ほとんどがヨガアーサナでカラダを動かして終わってしまう場合が多いものです。

ヨガティーチャーがどういう観点からヨガを捉えてクラスを開催しているのか?によって大きくクラスでやることは異なりますが、クラスにいらっしゃった生徒さんに『ヨガの状態を体感して心とカラダに成果を出してもらうならば。』という観点で、ヨガティーチャーとして生徒さんの健康に貢献できることとして書いてみます。

◉カラダだけにアプローチするヨガが多い現状。


カラダの使い方、や、普段使っていない筋肉への効かせ方、など、カラダのみにアプローチして鍛えるクラスは多くあります。
カラダを動かしたり、ちょっときついポーズをとるだけでも、代謝が上がり、普段使っていない筋肉に働きかけられたりするもので、スッキリしますよね。

ですが、もったいないのは、ほとんどのクラスがカラダだけ動かして終わってしまい、呼吸法まで行きつかないってところ。
もしくは、クラスの最初に自分を内観するために呼吸法を取り入れて、終わってしまうことが多いものです。

それもそのはず。ほとんどのクラスは1時間、ないしは長くて1時間30分のクラス。
オンラインになれば、さらに短くて20分〜30分のクラスが多いもの。

その中で、生徒さんに満足してもらうために、たくさんカラダを動かして汗をかいてもらう方が満足度が高いと思われてしまうのは仕方がないことです。。そしてそういうクラスはわかりやすいですし、人気があるのも事実。
そして逆も然り。『ヨガはポーズでない』という捉え方の先生も意外に多く、そうなると心だけに働きかけるゆったり動いて座ったり寝っ転がる瞑想クラスも多いものです。
心だけ、カラダだけのアプローチに偏ってしまうこともよくあることですね。

◉心・カラダ両方に働きかけるには
どうすればいい??


実はカラダだけを動かして、排出しっぱなしのクラスを続けてしまうと、生徒さんのエネルギーは枯渇していってしまうんです。その結果、カラダは柔らかくなったけど、心が頑なになり、受け入れられないことがどんどん増えていってしまうという事態に。。
どういうことが日常でも起こりやすいか?というと、相手の意見ややり方の違いを受け入れられなかったり、新しいものを取り入れてみよう、と意識が向かなかったり。。自分の価値観を相手に押し付けてしまったり。。
なんでこういうことが起こるのか?というと、、
▶️交感神経が優位になりやすく、ストレスホルモンが分泌しやすくなることから、戦うモードになっている方って多かったりするんです。。原子時代に働いていた命守るぞカラダモードになってしまっているってこと。

ヨガが目指す、ストレスホルモンを減らして心とカラダの柔軟性アップ✨という方向性とは真逆の道を辿ることになってしまうんですよね。。
(私も過去そうだったからこそ、よくわかります。。)

カラダをたくさん動かすと、交感神経が優位になると、心拍数が上がります。だからこそ代謝が上がって、汗が出る。
▶️ほとんどのクラスが外に向かうエネルギーばかりを優位にして終わってしまうクラスになっていること。
これだけで終わってしまう状態は、勿体無くて、たくさんカラダにアプローチして排出したら、今度は内にエネルギーを戻して充填することも必要なことです。

この内にエネルギーを戻す作業が呼吸法です。
▶️内に向かうエネルギー(副交感神経)を優位にして、心に働きかけていくテクニックです。

この相反するエネルギーがバランスして初めて、今度はもっとも重要なカラダの中心を走る背骨の中のエネルギー、スシュムナーというナーディーにエネルギーが流れるようになります。

この生命線でもある背骨のエネルギーが流れて初めて、心とカラダにエネルギーが充填され満たされていきます。
ここまで辿り着くクラスを行うのは、短いヨガクラスの中では中々難しいものですね。

◉呼吸法は地味でなんでやるのかよくわからない??


呼吸法、、確かに地味です。なんでやる意味あるのか、よくわからないと思う、というか、呼吸法のやり方は教えてもらえるけどカラダの中で何が起きているのか?それを通して、どういう効果が日常に影響しているのか?のメカニズムまでは養成講座で教えてくれないもの。
(教えてくれるところもあるのですが、解剖学的呼吸に関わる筋肉、みたいな講座が多く、ポイントがズレていてそこじゃない〜〜というのが本音です。)
さらに呼吸法を行ったとして、クラスでは心身がスッキリしていい感じがしても、日常に帰った時までスッキリ感が続かないことが多いですし。

なぜなら、呼吸法は瞑想に向かうためにエネルギーを内に戻してくれるツールでもあると同時に、その状態が持続できないとヨガで示しているその次の段階の先に中々進めないのも事実なのです。
(▶️次の段階というのは、瞑想状態が深まって心とカラダが満たされ「ゆとり」がある状態=ダーラナ⇨ディヤーナ⇨サマディまでの一連の流れにぐるっと進まないってこと。)

そうなると、テクニックだけをクラスでやって終わることになり、心身に変化が起こせる状態までには中々到達しないもの。
ヨガの先生でもなければ、毎日ヨガ練習はしないですし(先生であっても難しい、)、せっかく生徒さん自身も何か目的があってクラスに参加していただいているのに成果が出なかったらもったいないですよね。。

まあ、人生経験を通していろんなことに気づいて精神的な豊さを積み上げていける方も中にはいますが、それはほんの一部の方達ですし。。(野球の大谷選手とか、大企業を経営者の方、とか、ほんの一部です。)

いい経験でも悪い経験でも、2極で考えてしまう状態を手放して『自分とつながった状態にいれるのか?』でスムーズに瞑想の段階が次に進めるのか?現状維持なのか?後退するのか?が決まってきますから、となると、ヨガをテクニックでこなしているだけでは亀の歩みなのです。
(▶️スムーズに人生進んでいっていないなぁと感じる時は必ず、カラダの自律神経システムはどちらかに傾きっぱなしになっていることが多いと思います。)

ですが、しっかり内と外にエネルギーを満たして膨らませていく状態(例えるなら、交感神経と副交感神経が、カラダのリズムに合わせてゆらゆらバランスをとっている状態)に整えておくことで、楽に自分なりの飛躍ステップに自然に向かえると、内側からエネルギーが満たされ、受け入れられることが増え、自分の自然に沿って心とカラダがしなやかになるものです。
どちらかに偏ると、心とカラダはつながらず、どちらかだけ柔らかい、もしくは硬くなる。
もっと言ったら、自分の心身の状態は、人間関係、お金、ご縁、など全てとつながっているので、どこかに滞りが起きます。。


ヨガを正しく活用するというのは、人生の階段を徒歩で行くか?エスカレーターに乗るか?はたまた電車に乗るか?飛行機で行くか?の違いのようなものです。


ヨガティーチャー側がヨガをどう理解し、どう活かしているのか?によって、どの乗り物に乗って人生を進んでいくのか?は全く異なります。
ヨガは正しく使えば、人生が飛躍していくスピードを掛け算で後押ししてくれるツールです。
みなさんは、どんな乗り物で生徒さんをヨガの最終ゴールまで連れて行ってあげる先生でありたいですか??

◉呼吸法はふたつでひとつ。


では、心とカラダに変化を起こすためにどう呼吸法を取り入れていくのか?というと、、
鼻呼吸は60分から90分に1回、右の鼻の穴で呼吸しているのか?左の鼻の穴で呼吸しているのか?変わっていきます。
瞑想に必要な内側に向かうエネルギーに切り替えるためには、左の鼻の穴呼吸を物理的に優位にする必要があります。
そのため、呼吸法におけるほとんどの方法は、左の穴からまず吐くことから始まります。
▶️瞑想を深めるためには、内向きのエネルギーとつながる左の鼻の穴からエネルギーを活性化させるから。

また、カラダに溜まったいらないものを排出するためのデトックスするための呼吸法と、カラダにエネルギー充填するために行う呼吸法、この2つがあるからこそ、内側と外側のエネルギーが活性化され心とカラダのバランスが取れていくわけです。
(ここは《インナーアクティベーション・ヨガ養成講座》でお伝えしている内容なので割愛します🙏)

ですが、物理的に短いヨガクラスの中で呼吸法の時間を取るとなると、難しいもの。
お客様もそれを求める方ってほとんどいないですし、呼吸法やるくらいならカラダをしっかり動かしてスッキリしたい方ってやっぱり多いですし。

説得してやってもらうわけにはいかないですし、動いたクラスの後『教えた呼吸法、やってから寝てくださいね〜』と伝えても、ほぼみんな忘れてやらないものです。。

ですが、ヨガティーチャーのみなさんに楽にクラスに成果を出してもらうためのテクニックが生まれました!!

短いクラスの中でも、生徒さんの心身に変化を出すのであれば、、
このデトックスと充填を自動で行ってくれる当協会オリジナルテクニック《インナーアクティベーション・ヒーリング》を加えていただくことで、呼吸法の時間を取らなくても楽にエネルギー循環が起きます。

ご自身で呼吸法のテクニックで交感神経、副交感神経のバランスを取らなくても、自動でエネルギーがバランスして背骨の中のスシュムナーナーディーにエネルギーが循環して内側から満たされていきますので、おすすめです。

合わせて、ご自身がやられている流派のヨガアーサナ、呼吸法を行っていただくことで、さらに心とカラダは活性化し、短期間で心とカラダがつながったしなやかが叶います。

ヨガのやり方・手法をただこなす練習に偏らず、それを通して、どうなりたいのか?
それが叶っている状態が真実です。
まずは、ヨガが叶った状態=心とカラダにゆとりがある状態に整えてから、そのゆとりあるエネルギーを日常生活の本当にやりたいことに活かしてもらえるよう、ヨガを通して心とカラダに元気を取り戻してほしいです。

引き続き、ヨガティーチャーに向けた、生徒さんの心身に成果を出すのに必要なこと、私の体験を踏まえてシェアさせてください。

はじめた人から軽くなる!心とカラダにゆとりをもたらす
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディングセッション オンラインモニター
◉いつものアーサナ練習に加えて、心とカラダにしなやかさ、体感ください!!
▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。