自分に合うヨガ・生徒さんに合うヨガって??//『スッキリ』と思っていた感覚、それ本当??自分のカラダのメカニズムを知ったらヨガが腑に落ちた!?

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


55日ダイエットヨガ》プログラムにご参加いただいたヨガティーチャーBさんの変化が興味深かったのでシェアさせてください✨

ただいまBさん、体質改善して1週間です。
体質として、注意しないといけないポイントは、
✔️血液中に老廃物が溜まりやすい。
✔️血圧が上がりやすい。
など、血管にハイリスクだったのですが、Bさん自身がそういう体質とはご自身でも気づいていらっしゃらなかったので、よく逆さまになる逆転ポーズをやっていたと言います。
なぜやっていたのか?というと、、

◉スッキリすると思っていたから。

だそう。

なんですが、今回、Bさんの不得意な血管リスクを修復しながらカラダのホルモンバランスから整えたところ、ご自身の体感からあることに気づいたといいます。



『私がスッキリする、と思ってやっていた逆転のポーズって、、もしかしたらスッキリじゃなかったのかも!!?逆転のアーサナをやろうと思う時って、頭の中がごちゃごちゃしている時によくやっていたんです。考えすぎて、一気に血圧が上がっている時に逆さまになったことで、さらに血圧が上がって、、頭が戻った時に一気に頭から血がひいた時の感じを私はスッキリした、って感じていたことに気づいたんですよね!!』

すごい勢いで確信を持つように話してくれたBさん。
ストレスは、脳の大脳辺縁系から感知しますが、それと同時にさらに血圧も上昇していきます。さらにその状態で逆さまになれば、頭に血が昇り、さらに血圧が上昇してしまいますね。
その逆さまで頭に血が昇った状態から一気に頭を戻せば、血流は戻り、一気に頭から血液が引いていくわけですが、、この時Bさん、『何にも考えられない状態』になっていたそう。最悪の時は頭がくらくらしてぼーっとしていたそう。。

この状態、もしかしたら、脳の血流が一気に引くことで酸欠状態に陥っていたのかも??ってことが見えてきました。
この状態をBさんは『思考が止まってスッキリした状態』と捉えていたわけです。。

さらにこの擬似スッキリした状態は一時的なものだったようで、また気づけば思考がうるさく、ぐるぐる考えてしまったそう。
『脳に血流がいく状態を体感したら、私が逆転ポーズをやっている行動って、自分でカラダにガン!!ってダメージを与えて、、麻薬のようなヨガポーズの活用の仕方をしていたって気づいてしまったんですよね。。別にこれはカラダの状態を調べたわけではないのですが、体感からそうだと確信したんです。』

この思考がぐるぐる考えてしまう状態。実は神経伝達物質であるホルモンがうまく脳内でバトンのように受け渡しがうまくいっていないことで起こっていたりするんです。。
Bさんのカラダのリスクにも、思考がぐるぐるしてしまう神経伝達物質の受容体が働きにくいというリスクがいくつかありました。

ですが、それは自分では自覚でいないところで起こっていることなので、対策するにもしようがないものです。
しかも逆転ポーズは『脳の鎮静に役立つ』と、ヨガ養成講座で教わっていたそうで、あえて選んでやってしまうのも無理ないなぁ、と思いました。
自分のカラダにいいと思っていたことは、実はストレスをかけていたことだったとは。。
体質改善を始めて1週間。カラダが良くなっていく状態を体感して見えてきたことでした。

自分のカラダにいいと思っていた感覚とのズレって、意外にも沢山あった!!って気づいていっていらっしゃいました。
▶️これはしっかり精神安定のホルモン、セロトニン分泌が増えたことで、認知機能にも関わるドーパミンが増えたことから、ご自身の今の状況を認識し出したことにもあると思います。

今回、そんな心とカラダがつながったヨガ体験から、Bさん、過去の体験のなんで?が紐解けたそう。
『以前、ホットヨガに通っていたときに、横隔膜を勢いよく思いっきり動かす呼吸法をやったんですが、はっ!!とやった瞬間に立ちくらみがして。。!!その時他の生徒さんは普通になんともなくやっていたから、なんでわたしだけ!?と思ったんですが、その疑問が解けました(笑)』

体感で確信を得たことって、他のシチュエーションでもそういうことか!!とつながることってよくあることですね✨

改めてBさんにとってスッキリするってどういうことなのか?とお伺いすると、、
『スッキリするって、、例えば、私自身が学んできた古典ヨガの中の関節を主に丁寧に動かしていくポーズがあるのですが、それを丁寧に行った後のリラックスしている状態がスッキリした状態なんだって感じるようになりました(笑)スッキリ!!を捉え間違えてましたね(笑)』

実はこの体験、私自身もあるので、ものすごーく共感ですし、二人で今までヨガを難しく捉えすぎて変な練習してたよね(笑)何やってたんだろ??と大爆笑したんですよね(笑)知らないって恐いな、と。

自分の体質をよくわかっていない時、一般的な効果効能をもとにヨガのシークエンスを組み立てる方が多いと思いますが、Bさんのように自分にいいと感じていたことが意外にもカラダにストレスをかけていることがあるケースって意外に多かったりするものです。

一人一人に合う運動種類・運動負荷も全く異なるもの。そして、ストレスがかかりやすい体質なのか?も併せてトータル的に自分の体質を知ることで、必要なヨガポーズ、やらなくていいヨガポーズが自ずと見えてきます。

うまく活用できれば、ストレス管理にとても適した素晴らしいツールとして効果を発揮するヨガ✨

ご自身の練習としても、クラスのいらっしゃる生徒さんにも、心身健康になるためのツールとしてヨガを活かすためには、科学的に自分の体質の得意不得意を知ってからクラスを組み立てることって大事ですね。

引き続き、カラダの遺伝子的体質を知ることで、ヨガのどういった部分に活かせるのか?という観点から、生徒さんのケーススタディを踏まえてシェアさせてください🙏



《55日ダイエットヨガ》ご参加の生徒さんの変化



当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的なヨガ・有酸素運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。