お正月太り解消!!冬に甘いものが食べたくなるのはなぜ??

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


いかにストレスホルモンが増えると、一切なにやっても痩せません!!っていうのを口酸っぱく書いてきました。
ジムに通って、一生懸命努力して食事制限・運動して痩せようと頑張ってきた方にとって、ええ〜〜〜っと衝撃的な話だったかもしれません。


ジムに行っても痩せない??//運動も食事制限もがんばっているのに痩せない理由。
チートデイの落とし穴//そもそも食べたい欲求我慢していませんか?
食べ過ぎちゃうのは、自分が我慢できないから??
甘いものがやめられないのはどうして??
食べたい欲求を我慢できない!!//我慢しないで痩せるために必要なこと
食事制限のしすぎは逆に太りやすくなる!?




自分に合わないダイエットを知らず知らず続けていることによって、ストレスホルモン過多になってしまうことってよくあることです。
それは、痩せにくなるだけではないんです!!ってことを、前回は生徒さんのケースを踏まえて紹介しました。
慢性的ストレス過多は痩せないだけじゃない。ストレス過多が続くとどうなるの?

極端に食べないように制限したり、食べ過ぎてしまったからその分、頑張って運動で消費したり、、。
この無理に体重を落とそうとしてしまうほど、ストレスホルモンが分泌されて痩せににくい体質を自ら生み出してしまうものなんです。

そんなことない!!今までそれで痩せてきたよ!!という方もいるかもしれません。

ですが、、本心はその食事制限をやめてしまえば、頑張って運動するのをやめてしまえば、元の体重に戻ってしまうのが恐い〜〜〜ってどこかで感じている方もいらっしゃるかもしれません。
一生頑張り続けるダイエットを続けたいのならそれでもいいかもしれませんが、、本当はもっと楽しく食事を楽しみながら適度に運動を取り入れて痩せたらなって少しでも思っている方、続きを読んでみてください✨

◉冬に甘いものを食べたくなるのはなんで??


わたし、夏は炭酸水ばっかり飲んで、アイスもそんな食べたくならなかったのに、冬になって寒くなった途端、甘いものが食べたいなぁと、あんこが脳内に入り込んできたのはなんでなんですかね??

とぶつぶつ思っていたんですが、その謎が解けたんんです。
たまたま遺伝子検査の勉強会に参加した時のこと。

先生から、
『冬は日照時間が少ないので、セロトニンが作られる量も夏に比べて少ないんです。』
とのこと。

!!!!なんと!!!

セロトニンって聞いたことありますか??
よくハッピーホルモンなんて言われますが、精神安定にも関わっている神経伝達物質です。
食欲コントロールやストレスコントロールにも関わっている大事なホルモンですが、このセロトニン生成に必須なのが、ビタミンDなのです。

ビタミンDって最近コロナの影響もあってか、免疫アップのビタミンで有名になりましたね。
太陽光に当たることで、吸収がアップしますが、よく考えてみれば、わたし、冬になった途端、寒くて外に出る機会が少なく、出たとしても夕方に買い物に行くぐらいな日もあるくらい。。ってことに気づきました。

セロトニンの生成が減ってくると、面白いことに甘いものが食べたくなるんです。
それは、砂糖を摂取することで、脳内で分泌される神経伝達物質、セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどの分泌を促進する働きがあるから。
ですが、元々私自身、これらのホルモン生成がうまく働きづらい体質ですので、甘いものちょっと食べたくらいじゃ満たされない。だからこそ、たくさん甘いもの食べて幸せ〜〜と感じるのは、もう癖になってるんだなって納得したわけです。

ということで、甘いものを断つ、という無理のあることをすると、さらに暴走すると思うので、自然なやり方で甘いものを食べたい欲をコントロールするには、、

◉セロトニン生成を増やせばいい!!

ということで、生活習慣を変えてみました!
◉買い物は太陽が出ている昼間に済ませることにしました。
▶️太陽にしっかり当たって、セロトニン生成に必須なビタミンD吸収を高めるため。

また、ホルモン生成がうまく働きづらい体質ですので、体温のコントロールが苦手なんです。なので冬はカラダの芯が冷えている感じがする。。(もう、昔から寒いのが苦手だったのは、これが理由でした。)
なので、
◉まず外から帰ってきたら、真っ先にカラダをお風呂で温めます。
▶️体温が下がると、ビタミンD吸収も弱くなるみたいです。
カラダが冷えると、わたしの場合ホルモン生成がうまくいかないことから免疫も下がりやすくなりますから、この時期要注意です。。

あとは、
◉毎朝、毎晩必ずお味噌汁を飲むこと!!
(味噌も自分で作ったり、足りなくなったら無農薬で作られた大豆のしっかり発酵している味噌を使っています。)
▶️味噌や発酵大豆はタンパク質であるアミノ酸が豊富でカラダを温める食材ですし、温かい汁物はカラダを芯から温めるのに最適!!

◉甘いものを食べたい!!となったら、玄米甘酒を飲む。
▶️無農薬玄米と麹からできているだけなのに、しっかり甘みがある玄米甘酒。
一気に飲むと血糖値が上がって脂肪が溜まって太るんじゃ??と思っていたのですが、どうやら血糖値の上がり方も緩やかだそうで、太る要素がなさそう。
これについては後ほど違う記事で書きます!!

あとは、去年から実行している自分に合った食事・運動(主に散歩、自転車、ヨガなど)・生活習慣の見直しと、自分のカラダの機能を修復してくれる安全で良質なサプリはその時のストレス具合を見ながら、工夫してトライアンドエラーを繰り返しながら継続中。

自分の体質が遺伝子情報からわかっていると、季節ごとや年齢とともに変わる自分の心身の状態に合わせて、工夫して生活習慣を改めるきっかけにつながるものです。

心とカラダのバランスが満たされている状態が体感できてくると、ちょっとしたことで心身ストレスかかっているもんだなぁと今まで気づけなかったバランスの崩れに気づけて、また自分のカラダを知るいい機会につながっています。

またバランスが崩れた時が、自分のカラダから自分を知ったり、健康知識を実体験から学ぶいい機会になるので、自分のカラダを大事にしている実感が積み重なっている感じがまた嬉しいんですよね✨

まずは自分の体質に合ったダイエットを知るために必要なこと、シェアさせていただいてますので、
55日ダイエットヨガ》体験クラスでお気軽に聞きにきてくださいね✨



《55日ダイエットヨガ》ご参加の生徒さんの変化



当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的なヨガ・有酸素運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。