食べ過ぎちゃうのは、自分が我慢できないから??

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


パーソナルトレーナーをしていると、ダイエットを本当に頑張っている方たちばかりで驚きます。

中には、トレーニングに来る前に2駅分歩いて有酸素運動を頑張り、トレーニングが終わればまた来た道2駅分を歩いて帰る生徒さんもいらっしゃって、その努力っぷりにすごいなぁ〜と感じることってたくさんあるんです。

なんですが、、以外にも頑張り屋さんの方に限って、、

◉なかなか体重が落ちなくて
悩んでいる方が多いのです。


こんなに運動頑張っているんですよ!!なんで体重落ちないんですか!!って、私の方が熱く生徒さんの努力をなんでだ〜〜〜って言いたくなってしまいますが。。

短期間で成果を出すために、きっつい運動を頑張ったり、糖質カットや脂質カットをして無理のある食事制限をすれば、一時的には体重が落ちますが、それをやめてしまえば、また体重が戻ってしまった経験ありませんか?(これが俗に言うリバウンドです。)
そして、生徒さんからもそういったお悩みを多く寄せられてきました。

ジムに行っても痩せない??//運動も食事制限もがんばっているのに痩せない理由。
チートデイの落とし穴//そもそも食べたい欲求我慢していませんか?
脂肪燃焼運動も大事!!ですがストレスホルモンが減らないと一切脂肪は減りません。


先日、ダイエット中の友人と話しているときにぽろっと出てきた話がありまして。。
『食事制限、やらなきゃいけないとわかっているのにできないんですよね〜。。食事の量とか特に。あとバランスとか。アドバイス貰っても実行する気にならない。
会社から帰ってきて寝る間際に夕飯食べちゃうし、アイスとかチョコレートとかどうして食べちゃう。腹八分どころかとにかく食べちゃうし。そういうのができないんですよね〜〜〜。。』

え、、とツッコミどころ満載のワードがいっぱい出てきましたが。わかるな。。ちょっと前の私もそうでしたし。。

そこで、私が友人に聞いたことは、
なんで食べたら太るってわかっているのに、食べちゃうと思う??って聞いてみたんですが、、

◉自分に甘いからできないんじゃないですかね。。

っていう、なんとも自分に厳しい一言だったんです。

みなさんそう考えちゃいますよね。私もそうだったのでよくわかります。
自分が自分に甘いんじゃないか??我慢が足りないんじゃないか??
そうやって罪悪感を感じながらも、我慢できなくて食べちゃう。
👉ここがポイントなんです。我慢できないってことは、その前にずっと我慢していたってことですよね??
ということは、我慢している状態が慢性的に続いていたってことは、ストレスがかかっている状態が続きストレスホルモン分泌が増えて脂肪が増え太る要因につながっている可能性があるってことが予測できます。

なぜなら、ストレスホルモンが減らないと脂肪が増えますし、一切なにをやっても痩せないから。


なんですが、友人自体は、
『我慢している気もしないけど、でも今我慢できないから太っているんじゃないんですかね??』と腑に落ちておらず。
ずっと我慢した状態が続いてしまうと、その状態が自分の普通になってしまって、自分のストレス状態に中々気づきにくいものです。
そして、カラダはストレスを感じていなくても、脳がストレスを感じている場合の方が多かったりするんです。
そうなると、知らず知らずの内に、自覚ないままストレスホルモンが増えて脂肪が増え続けていたってこと、よくあることなんです。
この状態が続くことで、カラダに対する認知機能も衰えてしまうことから炎症に対する痛みへの反応が鈍くなったりする場合があるんですよね。

友人の話を聞く限り、まさにこの状態に陥っているのかな?と思い当たるところが沢山ありました。。
なんせ、すでに四十肩で肩が痛いと言っているのですが、それを筋トレを頑張って痛みを軽減しようとしていたり。。
▶️炎症しているのに、さらにストレスがかかる筋トレをしていたら、炎症を悪化させてしまう可能性もできくるものです。。
もしかすると、ストレスホルモン分泌過多になって炎症に対する認識を脳が見落としてしまっているのかも?ということも見えてきました。

こういったケースの場合、まずは我慢している状態=ストレスホルモン分泌過多な状態から、いかに早く抜け出すか?がダイエットを成功させるための一歩として必須なことです。

そして、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的な方法の一つとして、有酸素運動・ヨガがピッタリ✨
有酸素運動とヨガは、これらを叶える要素がたくさん詰まったメソッドなんです✨

友人のように、すでにカラダに炎症が起きているケースでは、自分に合った運動種類、運動負荷を知った上で、ストレスホルモン分泌を適切にバランスさせながら運動することって、心身の健康を守りながら安全にダイエットする上でかなり重要です。

自分に合わない運動を続けることは、余計カラダに負荷をかけてストレスホルモンを増やしてしまいますし、それが進めば、よりカラダの機能のバランスを崩して疾病リスクを上げてしまう可能性が出てくることも。

当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、それらの運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

今までハードなダイエットをしてきた方ほど、《55日ダイエットヨガ》にご参加いただいた方は、
『こんなんで痩せるの??』と思われる方もいらっしゃいますが、みなさんクラスの後は『スッキリした〜』『なんかいい感じにカラダがホカホカします✨』と、ハードなトレーニングとはまた違ったリラックスした表情を見せてくれます。

そして、みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

実際参加された方のカラダの変化はこちら。




脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

55日ダイエットヨガ》体験クラスにどうぞ

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。