脂肪燃焼運動も大事!!ですが、ストレスホルモンが減らないと脂肪は一切減りません。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


パーソナルトレーナーをしていると、ダイエットを本当に頑張っている方たちばかりで驚きます。

中には、トレーニングに来る前に2駅分歩いて有酸素運動を頑張り、トレーニングが終わればまた来た道2駅分を歩いて帰る生徒さんもいらっしゃって、その努力っぷりにすごいなぁ〜と感じることってたくさんあるんです。

なんですが、、以外にも頑張り屋さんの方に限って、、

◉なかなか体重が落ちなくて
悩んでいる方が多いのです。


こんなに運動頑張っているんですよ!!なんで体重落ちないんですか!!って、私の方が熱く生徒さんの努力をなんでだ〜〜〜って言いたくなってしまいますが。。

短期間で成果を出すために、きっつい運動を頑張ったり、糖質カットや脂質カットをして無理のある食事制限をすれば、一時的には体重が落ちますが、それをやめてしまえば、また体重が戻ってしまった経験ありませんか?(これが俗に言うリバウンドです。)
そして、生徒さんからもそういったお悩みを多く寄せられてきました。

ジムに行っても痩せない??//運動も食事制限もがんばっているのに痩せない理由。
チートデイの落とし穴//そもそも食べたい欲求我慢していませんか?

ダイエットのために、運動を頑張っている方って本当に多いのですが、、なぜそのような運動をやっているか?と言うと、、

◉きっつい運動をしたら
痩せるのではないか??

ってみなさん考えている方多いんです。(だからちょっと太ったらYouTubeのちょっときついトレーニングを始めてみたりするものなのですが、、)

確かにきつい運動で、筋肉がつけば、代謝が上がって基礎代謝も上がって、消費カロリーも上がって脂肪が燃えて、、
結果体重が落ちると思います。

でも、それをやらなくなってしまったらどうですか??
ほとんどの方が元の体重に戻ってしまうんです。
なぜかというと、
ついた脂肪を燃やす方法は知っていても、なぜ自分のカラダに脂肪がついて、どのようなメカニズムで体重が増えたのか?の理由はわからない場合が多いから対策が取れないだけなのです。

その多くは、自分に合わない運動種類や運動負荷によって、ストレスホルモンが増えたことで、脂肪を溜め込む元を絶っていないことが多いんですよね。なぜなら、

◉ストレスホルモン過多な状態は
逆に脂肪を増やすから。


カラダには自動でカラダを守る機能が働いています。(ホメオスタシス機能)
我慢が多いダイエットでは、カラダがストレスを認識していなくても、脳がカラダにストレスがかかっている、とみなせば、カラダは今の状態からカラダを守ろうとし、飢餓状態に備えてお腹周りに脂肪を溜め込もうとし始めます。
これは原始時代に敵に追われた時や、次に食べ物にいつありつけるかわからないという環境で生きていくためにあるカラダの機能なのですが、、現代人は特に必要のないスキルですね。。

先ほどの話に戻ると、みなさん、今ある目に見えている脂肪をどうにか減らそうと、筋トレを頑張ったり、有酸素運動で自分を追い込んだりして脂肪燃焼に励みますが、それより以前に、ご自身のストレスホルモンが過剰にならない自分に合った運動量と言うのがあるものです。

この運動量を超えて、運動を頑張って脂肪を減らそうとしても、脂肪を増やしながら脂肪を減らそうとしているようなもので、自分の努力は全く報われないですよね。。

こういったカラダに無理がかかるダイエット法を続けていた生徒さんに共通することは、確かに体重は1ヶ月で5〜6キロ落ちた方が多いですが、カラダの内側で起きていることといえば、
◉生理が止まっている。
◉内臓機能が衰えている。

◉むくみが取れない。
◉お肌がカサカサ
◉細胞が炎症を起こしていることが多く、その方の弱いところに疾病寸前の症状が出ている。

(生徒さんに多いのが、偏頭痛からの神経痛、いきなり帯状疱疹、足のむくみが中々とれない、精神的バランスを崩している、など)
疾病直前になってまで、『みんなが痩せたから。』とか、『トレーナーさんに勧められたから。』とか、自分には何が必要で何が合わないのか?をわからないまま、信じて頑張ってダイエットを続けようとしてしまっていた方って多いんです。

ダイエットしている方は、ほんとーーーーに頑張り屋さんが多いのに、これでは勿体無いですよね。。

woman doing sit ups



一般的にダイエットをしようと思うと、運動と食事制限は大きな対策の一つです。
ですが、いきなり自己流でそれを行う前に、『自分がどのようなメカニズムで体重が増えてしまったのか?を知ること』は、かなり大きな対策の一つなんです。

そして、一般的なジムやパーソナルトレーニングでお伝えできる範囲のダイエットは、あなたに合ったダイエット法ではないと言うところが正直なところ。(ええーーーパーソナルジムなのに!!と思われる方多いと思います。。)
あくまでも一般的に痩せるとされている方法を元に、運動・食事メニューを組み立て、提供されているものがほとんどになります。
ですが、ダイエットをする上で一番重要なのは、、

◉今やっているダイエット法は、
あなたに合った方法ですが?

と言うこと。

もう一度言うと、合わないダイエットを続けてしまうことで、カラダはストレスを感じていなかったとしても、脳にストレスがかかり、知らず知らずにストレスホルモンが分泌過多になってしまうと、もう何をやっても痩せなくなってしまうから。

そして、意外にもみなさん、運動のしすぎで逆に痩せづらい体質を自ら生み出している方って多いのです。
痩せずらくなるくらいならまだいいですが、(良くないですけどね!!)さらに慢性的なストレスがかかった状態が続いていけば、逆にせっかく代謝を上げるために鍛えた筋肉の分解が起こったり、眠れなくなってしまったり。
さらに深刻になれば、心身のバランスを崩して鬱状態に陥ってしまったり、生理が止まってしまう女性の方も少なくないんです。
たとえ痩せたとしても、、うつくしくない!!うつくしくない!!うつくしくない!!(3回言った。。スッキリ。)

そこで、編み出したのが《55日ダイエットヨガ》です。

特にこの、ストレスホルモンを減らすためには、有酸素運動・ヨガがとてもピッタリ✨
有酸素運動とヨガは、『ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やす』ことを叶える要素がたくさん詰まったメソッドなんです✨
当協会プログラムでは、それらの運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

今までやってたダイエットがハードな方ほど、ちょっとびっくりされる方も多いとは思いますが、、
もしよろしければ《55日ダイエットヨガ》体験クラスを開催中です。

まずは、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』を体感しにきてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。