心とカラダがつながるヨガってなに??//流れているものに乗っている時(車、電車など)ヨガがよくわかるものです。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美

車を運転していると、ヨガが深くわかる時がある。

流れているものに乗っている時(電車なども含めて)
『あそこにお店ができたんだ〜』とか、『今日空がきれいだな〜』とか、俯瞰して意識の中に入ってくることってないですか??

なんかこれ、ヨガのポーズ(アーサナ)の練習に似ている。

心とカラダがつながっていない時、
(心とカラダに滞りがあって流れが止まっている時、)どこに意識が向きやすいかというと、
ポーズの形にこだわってしまったり、できないポーズをできるようにすることに頑張ってしまったり。

車に例えるなら、車の車種やエンジンの大きさや、どうやって機械を動かすのか?にこだわって、それをできるようにすることがヨガだと思っている、そんな感じ。。

それでいい人はそれでいいのだけれど、そういう自分を心とカラダに
・流れができている自分の状態で見るのか?
・流れがなく滞りがある自分の状態で見るのか?

で、気づけることの質が違います。

例えば、流れに滞りがあると、
『腿裏をもっと伸ばしたい』とか、『どうしたら腿裏を伸ばせるか?』とか、見えているところに意識が向きやすい。

だけど、流れがあると、
『腿裏をもっと伸ばしたい。』と頑張っている自分を俯瞰してみた先に、自分なりにカラダを通して、
〜本当は何がしたかったのか?〜に気づいていくことが、ヨガを身につけていくってことなんじゃないか?と最近考える。

ぶっちゃけ、心とカラダを循環しながらアーサナを練習して、わたしなりに気づいたのは、、

◉自信が欲しかっただけ。


(この答えさえもみんなが違うと思う。)

腿裏を伸ばして柔軟性を高めることで、
『ヨガティーチャーなんだから、できないポーズがないようにしなきゃ、、』という、よくわからない固定観念のせいで、
確かにカラダは柔らかくなったけど、柔軟性の意味を捉え間違えていたので、気づけば靭帯まで伸びて、関節がプラプラになってしまった。。

そんなカラダに自らの捉え間違えでなってしまうほど、自分の見栄っ張りなところとか、恥ずかしがり屋なところとか、みないといけなかったから辛かったけれど、見ちゃったらスッキリ✨

そしたら、真に自分に必要なことが整理されてシンプルな生き方になった。
そういう間違えてた自分を素直に認めて修正していける心身の柔らかさ、まじで大事だと知った経験です。

みなさんのアーサナ練習をヨガにしていくサポートは、心とカラダの循環を進める《インナーアクティベーション・ヒーリング》が得意です✨

その辺のこともおはなし会でしていこうかな✨

ヨガ好きの集い・ヨガスートラを読む会
《おはなし会》

〜自分とつながるってなんだろう〜
:ワインでも飲みながら、今回は冒頭のサマディパタについて、読んでいきます。


▶️お申し込みはこちら





おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。