ADHDを活かしてスポーツで活躍中!!//ホルモンバランスが整ってきたら、『なんで??』を考えるようになった。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


『ママ〜体育の授業で50メートルハードルのタイム測ったら、6.8秒だったよ✨』

おお。通常の大会だと、110Mハードルなのですが、ちょっとずつ自己ベストを更新して早くなっている模様。

ADHD気質の長男は、ただいま中学3年生。

彼は、考えるのが本当に苦手。
逆にカラダの動かすのは超得意!!すでに自分の得意な陸上での進路がほぼ決まっています。

体質改善する前は、
なんで速く走れたの??と聞いても、
『なんか楽しくなっちゃってピョーンって跳べたの!!』
という、アホ丸出しな回答か、
『考えても分からないです〜めんどくさい〜〜。』という、逃げるか?のどちらかでした。

ADHD気質は、神経伝達物質であるドーパミン生成が不得意だったりすることが多く、物事を整理整頓したり論理的に考えたりする働きをする前頭葉がうまく働きずらかったりするものです。

なんですが、彼のカラダの機能として、不得意なホルモン生成を体質改善で増やしていきました。
そしたら、彼なりになんで速く跳べるようになったのか?具体的に考え始めたんです。

『トレーナーさんに言われて、下半身の強化をして、筋力が上がったからだと思う。あと、隣のレースの選手が自分よりデカくて速そうでも、自分の自己ベストを出すことだけに集中できるようになったかも。ソワソワしなくなったんだよね〜。
走ってる時の顔が、俺、真剣になった笑』
と、走ってる時の変顔まで披露してくれましたが、淡々と話す息子。

顧問の先生からも、
『カラダの連動性が上がって、これは高校に行って伸びるぞ。』と、期待されてました。
(これは身体能力がその人なりにアップする《インナーアクティベーション・ヒーリング》のおかげでもあるな。)

ホルモンバランスが変わっただけで、話す内容もまともになってきました。

自分の特性を知れば、いくらでも自分なりの特性を活かしながら未来を切り開いていける!!と、日々見せてもらって納得。


◉ADHDだからこそ、
自分らしさに突出したことが必ずある!!


ADHDだからしょうがない。今まではそう思ってたけれど、
ADHDだからこそ、できることを増やして、彼だからこそできる可能性を親としても増やしてあげたいと思うこの頃です✨

高校に行ってからの彼の活躍が楽しみです。

はじめた人から軽くなる!!心とカラダにゆとりをもたらす
《インナーアクティベーション・ヨガ》

▶️こちらからどうぞ

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》
✔️体験クラス ドロップインできます。

自分に合ったダイエットに何が必要なのか?のポイントをぜひチェックしにきてくださいね✨
▶️こちらからどうぞ





おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。