ダイエットのモチベーションが続かない//頑なにダイエットから逃げてた旦那さんが、ひっくり返った。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


今日はAさんの体質改善の経過をシェア!!
痩せる目的で体質改善をはじめたわけではないのですが、

体重⇨マイナス5キロ。
体脂肪率⇨マイナス6%


before afterがないので勿体無いのですが、カラダ全体的にスッキリしており、お顔もひとまわり小さくなっております。
また、お昼は会社のバイキング形式の食堂で、食べまくっていたようですが、(ご飯は3杯はおかわりしていたよう。)
ホルモンバランスが整ってきたら、そこまで量が食べられなくなり、そんなAさんをみた同僚に『なんで??どうして??』と驚かれたそう。
また、仕事中もお腹が空くことが多かったそうで、合間に食べられるようなおにぎりやお菓子(デスクの中には、いつもチョコレートを忍ばせていたそう。)を持ち歩いていたそう。
でも今は、全然食べたいと思わず、『デスクの中のチョコが全く減りません(笑)別に我慢しているわけではないのですが、、。』と不思議そうに苦笑い(笑)
これは痩せホルモンであるセロトニン分泌が進んで、食欲コントロールができるようになったから。

会社のバイキングランチではなく、自ら自分の体質にあったお弁当を作るようになったKさん。



そこまでは、Aさん、成果が出てよかったね〜というお話なのですが、。

Aさんが、なんで体質改善したいと思ったか?というと、『家族みんなで健康になりたい!!』という思いがありました。
Aさんのお父さんは心臓の持病があったそうで早くに亡くされています。そういう環境だったこともあり、小さい頃お母様がとても苦労されているのを見てきました。健康であることの大切さが身に染みてわかっていらっしゃる方なので、まだお子さんも小さいですし、この機会に旦那さんも合わせて、心身を整えたい!!とのことだったのですが。。

◉別に保険に入っているんだから、
病気になったら始めればいい

旦那さんに一緒に体質改善プログラムを受けたい、と伝えたところ、
『別に今、病気になっていないんだから、今やる必要ない。』『健康にお金をかけるより、なんかあった時のために保険に入ってお金を貯めておけばいい。』
旦那さんとの健康に対しても意識の違いが浮き彫りになりました。
この時は旦那さんは、頑として自分の考えを曲げず、結局、Aさんとお子さんだけが受けたのでした。

『病気になってからでは遅いのに!!』と、Kさん。

イライラしているAさんにお伺いすると、旦那さんの生活習慣はかなり乱れているそうで、、。体重も身長に対してかなり多いそう。。168CMに対して、90キロいかない程度だそう。
旦那さんはストレスが多い職場環境のようで、食べることでストレス解消しているそう。
(ストレスは摂食行動にものすごく影響します。)

例えば、
Aさんが作るシンプルなお料理より、好きな揚げ物やマヨ味のお惣菜を買ってきて食べている、
夜遅くにご飯を食べる、
夜ご飯の後にポテトチップを頬張る、
特に運動はしていない、
休みの日は子供達と楽しくゲーム、
睡眠中のいびきがすごく、睡眠浅そう。

うーーーん。太る要素がたんまりですね。
聞けば以前、ダイエットをしていたことがある旦那さんですが、ダイエットを決意するたびに続かず、『自分は根気力がないから、ダイエットは無理。。』と諦めていたそう。
(プロテインダイエット、朝のランニング、一食抜くなどはやったことがあると言います。)

Aさんもどうしたら旦那さんが一緒に健康になることに興味を持ってもらえるか?わからず。。

3ヶ月経ったころ、
『最近、めっきり旦那さんと話すことが減ってしまい、もうなるようになったらいいかな、と諦めモードになってます。なんでか、旦那さんは私に対して怯えているような、俺は認めない!!ってよく分からない闘志を燃やしているようなところもあるような感じです(笑)』
ホルモンバランスが変わってきたことで、Aさんは、『自分と旦那さんとの考え方は違うものだ』ということを受け入れ始めたことで、しっかり自分の自立した考え方を持つようになりました。
(これは、ストレスホルモンのコントロールができるようになったことで、海馬の機能が戻って認知機能が上がったからです。)
前は、旦那さんに『自分のやりたいことを共感して欲しい、認めてほしい』という気持ちが強く、Kさんがやろうとしていることに賛同せず批判する旦那さんに対して、言葉で勝とうとしてしまい、いつも言い合いになってしまったそう。

『自分は自分、旦那は旦那、これで違う道に進むことになっても、もうしょうがないっすね〜』
さらに、ホルモン変わってきたら、自分から旦那さんから離れる選択も視野に入れ出した。。
=今の状態で満たされ出したんです!!!

!!!!すごい。。ホルモン。。
(これは、Kさんの体質のハイリスクである神経伝達物質を合成するカラダの機能の苦手が整ってきたら、生成が難しかったドーパミンやセロトニンという喜びや達成感、幸福感を感じるのに必要なホルモン分泌が生成できてきたから、というのもあります。)

あんなに自分で決められなくて、迷っていた人が、離れる覚悟まで決められてしまうなんて。。
旦那さん、これでは捨てられてしまうぞ。。


なんですが、今回、Kさん、痩せるつもりなんて全くなかったのに、体重が落ちたことを旦那さんにさらっと伝えたそう。
そしたらKさんの言葉の何か?が旦那さんの何かに触れたのでしょう。

『俺もちょっとやってみようかな。』

急にできることからダイエットすることになりました(笑)

あんなに絶対ダイエットしないって、頑固に揚げ物食べて必死に抵抗していた旦那さんが、、ひっくり返ったよ!!!

◉ホルモンバランスが変わると、
動かなかった現実が動くって本当だ。


その日を境に、ダイエットに興味を持ち出し、ちくいちKさんに痩せるために必要なことを色々質問してくるようになったそう。
さらには、自ら進んで食べ方を変えたり、数年ぶりに朝食を食べるようになったと言います。
(でも平日はKさんのご飯を食べてくれることになったそうですが、土日は好きな揚げ物や甘いパンを食べることは、多めに見たそう。)

Kさん自身、この3ヶ月、自分のカラダから分泌するものを整えたことで、それと引き合う現実も変わり出した、ということでもあります。周りにつながる方はそれを無意識のうちに感じとっているものなんですよね✨

Kさんの次の目標は、旦那さんにも、自分に合ったダイエットを知ってもらうために、遺伝子検査を受けてもらうこと。

家族みんなで心身共々健康になっていただき、Kさんご家族がどんな風に繁栄していくのか?
ここからとても楽しみです。

引き続き、変化をシェアさせてください🙏

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》
✔️体験クラス ドロップインできます。

自分に合ったダイエットに何が必要なのか?のポイントをぜひチェックしにきてくださいね✨
▶️こちらからどうぞ





おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。