夜の運動、ダイエット中はやめたほうがいい??//夕方以降に運動するならこれ!!

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


デイサービスのヨガの帰りに、かわいい三日月見つけました✨きれい✨

トレーナーやっていると、どうしても仕事終わりに負荷のかかる筋トレをする生徒さんを見かけます。

その方の運動の目的もあるとは思いますが、もしダイエット中の場合は、夜の激しい運動は避けたいもの。

夜に負荷が高い運動を行ってしまうと、ストレスホルモンの分泌が過多になってしまい、
睡眠のバランスが崩れたり、自律神経バランスも崩れて眠れなくなったり。
精神的にもイライラしやすくなったりして食欲のコントロールが効かなくなってしまう場合もあります。

もっと言ったら、せっかく筋肉を鍛えたくて、いらっしゃっている場合、ストレスホルモンの分泌が過多では、筋分解が起こって、せっかくの努力が水の泡です。
ダイエットを頑張っている方、頑張り屋さんが多いので、もったいないですね。

もし、夕方以降、運動してスッキリしたい場合は、抗ストレスの要であるセロトニンの分泌を促す目的で、20分程度のウォーキングや、ストレスホルモンを減らす目的で、呼吸を深くゆったりとるリラックス系のヨガ、または瞑想系のヨガはおすすめです。
(背骨を剃ったり、捻ったりも、自律神経のバランスを刺激してしまうのでおすすめしません。)

自分の体質にあった運動負荷と種類を見極めて取り入れることが、ダイエットを成功させるコツです✨

運動だけがストレスホルモンのコントロールに関わっているわけではないのですが、自分に合った運動選びの一つとして、参考にしてみてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》
✔️体験クラス ドロップインできます。

自分に合ったダイエットに何が必要なのか?のポイントをぜひチェックしにきてくださいね✨
▶️こちらからどうぞ





おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。