離婚をきっかけに飛躍したコツ//転換のきっかけは毎日の『心とカラダのゆとり』の積み重ねで起こる✨

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


前回、私にとって、離婚したことが飛躍する良いきっかけになり転換できたお話を書きました。

離婚をきっかけに飛躍したコツ//我慢のストレスを溜め込む前に今すぐやるべきこととは?▶️こちらからどうぞ

ですが、必ずしも離婚を勧めているわけではありません!!ここは捉え間違えないようお願いします

私の場合は、大きな転換のきっかけが離婚だっただけで、別に、『結婚する』でも、『子供を産む』でも、『親の介護をする』でも同じなのです。
世間一般的に、離婚に対するイメージとして、おめでたいことではない風潮があり、私も離婚したての頃は、それを周りにいうべきか、子供たちになんて言おうか悩んだこともあります。

ですが、私自身が『離婚をどう捉え、そこからどう行動していくのか?』を、子供にどう見せてあげるのか?で、その先に子供たちが、『離婚というものをどう捉えていくのか?につながっていくのだ』と、苦しいながらも思えたからこそ、必死に生きて来れたようなものです。
そう思えたのも、自分とつながるテクニックによって『痛みを感じながらも自分の感覚を信じて行動を進められた安心感』が作られていたことで、落ち着いて考えられ前に進めたことがとても大きいのです。

人生が停滞気味の時は、思考がぐるぐるして、いつもの自分の考えや価値観に戻って落ち着くこと=安心することと捉えていることが無意識に多いものです。
ですが、これは本当の安心感ではなく、いつもと違う考え方にアップデートするのが怖かったり、受け入れることが難しいから起こる反発でもあり、いつもの自分の考えに収まる停滞に進む安心感なんですよね。
これが続くと、心身が硬くなり重くなります。

飛躍に進む安心を与えてあげるのか?そうではないのか?はここが分かれ道なのです。

逆に飛躍する安心感は、常に流れがあり循環しています。
いいことも、悪いこともゆらゆら安心して体験できる『心身のゆとり』があります。
この状態があって初めて捉え方や考え方をスムーズに変えていける状態にあります。

人生の中の一大イベントっていくつもあると思います。
一般的なポジティブなものを体験する時は勢いで流れに乗れて行動できてしまうことが多いですが(結婚とかはそうですね。)、ネガティブなものを体験する時は、自分の状態によって、その次にどう転換できるのか?が大きく変わります。
なぜなら、自分の状態によって、起きた現実を自分なりにどう捉えるのか?がかなり変わるからです。

自分がいっぱいいっぱいな時、自分にとって嫌なことが起こると、それを素直に捉え方を変えられるでしょうか?
余裕がなくなって、嫌なことから逃げるか、怒るか、相手を責めるか、罪悪感を感じるか、など抵抗してしまうもの。
私も無理でした(笑)
私の場合、それでもスッキリしない時は、買い物したり、カフェで甘いもの食べたり、それでもまだスッキリしない時は答えをくれる占いや自分で勝手に崇めたヨガの先生から答えをもらおうと縋ったりしました(笑)

ですが、誰かから聞いた価値観や一般論で選んでも、人から言われたことの選択では、一生心とカラダは硬くなり重いままです。
心身にゆとりがある状態があるからこそ、起きた現実を自分なりに捉え方を変え、納得して自分で選んだ答えを信じて進んでいけるものです。

変化を嫌う方も多いですが、変化を嫌えば嫌うほど、心身は重くなり急激な転換をせざるを得なくなります。
そういう激しい人生が好きな方もいらっしゃいますので、そこは何も言えませんが、自分に優しく、日々の小さな転換を積み重ねてあげる方が心身に無理なく自分に優しく、人生がちょっとづつ自分らしい方向へと気づいたら進んでいくのではないでしょうか?✨

また、カラダの機能バランスによって、自分のカラダが出す周波数が安定しないがために激しい人生体験を繰り返していた、ということもあります。(私がそうでした。。)

そういう方は、カラダから機能をバランスしてあげると、つながるご縁やつながる体験も変化します。
心身の健康状態が人生にもたらす影響はかなり大きいですね。

みなさんの一回きりの人生が、より心地よい選択を選べるきっかけになったらうれしいです。


はじめた人から軽くなる!心とカラダにゆとりをもたらす
《インナーアクティベーション・ヨガ》
◉朝ヨガ・夜ヨガ オンライン ドロップインで参加できます。

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

1件のコメント

  1. […] 前回は私が離婚をきっかけに飛躍したコツを書いていきました。離婚をきっかけに飛躍したコツ//我慢のストレスを溜め込む前に今すぐやるべきこととは?▶️こちらからどうぞ離婚をきっかけに飛躍したコツ//転換のきっかけは、『心とカラダのゆとり』の積み重ねで起こる!▶️こちらからどうぞ本日は、同じく離婚をきっかけに飛躍したTさんのケーススタディ。Tさんも心身にストレスをかける状態が長く続いたことで、心もカラダも人生も複雑になっていらっしゃいました。彼女に出会ったのは、去年のコロナ禍の春。たまたまオンラインのヨガのクラスに参加してくれました。最初出会った頃は、『ごめんなさい』『申し訳ない。』口を開くと、そんな罪悪感いっぱいにどこか自信なさげに話す様子のTさん。なんでそんなに謝るんだろう??と疑問に思っていたのですが、仲良くなって行った先に、その理由がわかりました。聞けば、数ヶ月前に旦那さんから『離婚してほしい。』と言われ、その言葉で頭が真っ白になったそう。何が原因でそういう流れに至ったのか?というと。『頑張ったんですけど、子供ができなかったからかもしれない。』ということでした。『不妊治療を頑張ってみたけれど、それでも子供を授かることはありませんでした。妊娠できそうなことは一通りやりました。あんなに頑張ったのに、旦那さんからの離婚の一言が痛くて自分が本当にどうしたいのか?もよくわかりません。出て行った旦那さんに対する怒りと寂しい気持ちでぐちゃぐちゃです。』辛いながらも、何度かヨガクラスに足を運んでくれました。その度にかなりカラダにストレスを溜めていらっしゃったようで、湿疹が出たり、右半身に痛みが出たり。▶️カラダにデトックスの症状が出る方ほど、自覚できない滞りが見えないところで蓄積していた、ということです。ですが、何回か、《インナーアクティベーション・ヨガ》クラスに通っていただく度に、少しずつ心もカラダも軽くなりだしたTさん。『いつも右半身に出るカラダの痛みやよくわからない不調が、なんか中からゆるっと解ける感じが今日はしました。帰り道、自分の中に塵積もっていた寂しさがわっと出てきて、ゆっくり見つめる時間がありました。不妊治療や仕事を頑張っていた頃は、無理に楽しいことを作って、気持ちを前に向けることで自分の現実から目を背けることしかできなかったなぁと。辛いんですけど、私の中の声を受け取ることも豊かだなぁと思えるようになって。。このまま旦那さんと、別々で暮らしているのは、寂しいよね。自分。やっぱり。うん。そうだよな。寂しいんだな、わたしって受け入れて。そしたら、たまたま荷物を取りに来ていた旦那さんにそれをスルッと伝えられたりして。改めて、仕事からも離れて、旦那さんとも距離をおいて、両親が悲観する声もわかるし、落ち込むこともわかるのですが、、改めて、素のわたしってなんだっけか??と、淡々と思っていられるひとりの時間が、ものすごく大事な時間なのではないか?と思えて温めています。まあ、心の中はぐちゃぐちゃだけど。どっから綺麗にしようかな〜〜〜とぼ〜としている感じです。』おおお✨大分心とカラダにゆとりができて、自分の今の状態を俯瞰できるようになってきたTさん。カラダから心が軽くなることで、ゆとりができると、自分の現実を映画をみているように淡々とみていられるようになっていくんですよね。ですが、心身にゆとりができて初めて、Tさんはその余裕ができたエネルギーを何に向けたか?というと、、今度は『旦那さんが変わってくれたらいいのに!!』という方向に進みました。そう思ってしまうのもすごくわかるんです。相手が自分の思い通りに変わってくれることで、Tさんの無意識の本心は何を求めていたのか?それを得るために、旦那さんをコントロールして埋めようとしていた、っていうこと、パートナーシップでよくあることです。ですが、それは本当に自分にとっても相手にとっても幸せな状態ではないことの方が多いのではないでしょうか?Tさんの場合は、変化すること=大変なこと。辛いこと。苦しいこと。そう捉えていたことで、自分の変化のタイミングで抵抗してしまい、自分から変わることから逃げて相手に求めてしまう、という無意識の癖が見えてきました。 […]

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。