慢性的ストレスに気づけなかった⓵//タフな性格?ストレスをそんなに感じていないと思っていた。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


『ストレスはそこまで感じていない。』『季節の変わり目は、いつもアレルギー反応がある。』『ホットフラッシュがひどく、寝付けない。』『PMSの症状が重い。』

今回遺伝子検査カウンセリングにご参加いただいたのは、キャリアウーマンでバリバリお仕事をしていらっしゃるEさん。

真面目な方で、とてもスキルの高い方。上の立場の役職ということもあり、仕事もバリバリこなしていらっしゃいます。
『自分はタフな人間だと思っていますし、周りからもそう思われていると思います。なので、ストレスがかかっていると言われても、よくわからないというのが正直なところです。』

ストレスに対しての自覚はあまりない、ということでしたが、カラダからいろんな不調のサインは出ていらっしゃることには気づいていらっしゃいました。

『数年前から、夜寝ている時に汗びっしょりになって中々寝付けず、睡眠不足が続いたことがあり、更年期の症状だと知りました。病院でホルモン療法を行っていることもあり、それで症状が押さえられていることもあります。
長年苦しんでいた生理前のPMSの症状は、《インナーアクティベーション・ヒーリング》を毎日施術して、4ヶ月目くらいからほとんど気にならなくなりました。


インナーアクティベーション・ヒーリング》はカラダを循環させることで心を軽くし、しなやかにするテクニックです。
心身が循環することで、特に生理周期によって黄体ホルモンが増えるPMS期間のカラダのだるさや、イライラが解消された!ストレスに感じる場面が減った!という方、本当に多いんです。

また、生理周期にも関わる女性ホルモンエストロゲンは、血糖値のコンロトールにも影響を及ぼし、自律神経バランスにも影響を与えています。
Eさんの場合、このエストロゲン生成にリスクがあったり、血管に関するリスクもあったことから、より自律神経バランスが乱れやすく更年期の症状がでやすくなったのではないか?ということが見えてきました。

エストロゲンは、年齢とともに分泌が減っていきます。
また心の柔軟性にも関わってホルモンですので、年齢とともに考え方が頑固になったり、新しいことを受け入れることが難しくなったりしやすくなるのは、このホルモンの影響によることも考えられますね。

カラダの機能としては、女性ホルモンの分泌が減ってくることは自然なことですので、他のことで何かできる対策を考えられると、より日常を過ごしやすくなりますね。

さらにお話をお伺いする中で見えてきたのは、Eさんのお仕事環境は、かなり肉体的精神的にストレスがかかることが多い、ということ。
『朝9時からお昼休み1時間を挟んで夜21時近くまで、パソコンの前に座りっぱなしですし、動くといっても、書類を取る時ぐらいでしょうか?一日中パソコン画面を見ています。
また、山積みの仕事をガンガン片付けていくので、それが普通になってしまっています。また、お昼休みもスマホをずっと見ていますし、仕事帰りも電車の中でスマホを見てしまいます。』

検査結果からも、男性ホルモンにハイリスクと出ていました。この遺伝子にリスクがある方に多いのが、一つのことをがむしゃらに頑張ってしまうこと。
Eさんの場合、それをコントロールする遺伝子もハイリスクとありましたので、かなり頑張りすぎてしまうとコントロールが難しいということが見えてきました。これはストレスがかかっていたとしても気づきにくいはずです。
また、ブルーライトを一日中浴びているお仕事環境ですので、網膜から入る強い光によってホルモンバランスが崩れやすく、さらに脳にストレスが溜まりやすい、ということも見えてきました。

逆にお休みの日は、どのように過ごされているのですか?とお伺いすると、、
『本屋に寄ったり、、。気になっていた本を立ち読みするつもりが、あっという間に1時間経っていて、足が棒でした。休むためにカフェに入りましたが、そこでも友人に手紙を書くのに集中して、あっという間に1時間半。脳はフル回転です。
仕事じゃなくても、やりすぎてしまう癖が出てしまいますね。ぼーっと緩むってどうすればいいのか?と考えてしまう始末。。』

頑張ることが当たり前になっていると、逆に緩んでリラックスしてください、と言われてもよくわかりませんし、例えそうしたとしても、リラックスしている自分がサボっているんではないか?と罪悪感を感じたりしてしまうものです。
(これ私もそうでした!)

そこでEさんにまずアドバイスさせていただいたのは、
◉ブルーライトカットメガネで目を守ること。▶️これはすでにメガネに搭載していらっしゃいました。
◉仕事のお昼休み、帰る電車の中では、必要最低限のスマホ使用にして目を休める。
◉なるべく緩む時間をこまめにとる。または、緩む感覚になれるものを日常に取り入れる。
そのほかにも、Eさんにあった食事の食べ方や合う運動法、カラダの機能を底上げする良質で安全なサプリをとってもらい、体質改善を始めてもらいました。

Eさんのカラダが変わり、心が変わり、人生が変わる変化、楽しみです✨

ジムに行っても痩せない?
それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》
◉体験クラス ドロップインでご参加できます。(1回限り)


月・水・木・金・土
【クラス内容】
・10時〜11時
ダイエットヨガ/インターバル運動プランク
・13時〜14時
ダイエットヨガ/インターバル運動ハーフスクワット
・20時30分〜21時30分
ダイエットヨガ/有酸素ヨガフロー


※曜日によって内容変更あり。お問い合わせください。
※同業の偵察目的のご参加は、お断りしております。
心とカラダのプロフェッショナルがご参加いただけるプログラムもご用意しておりますので、
もしよろしければそちらをご案いたします。

:参加費 お一人 1,100円(税込)

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

4件のコメント

  1. […] 『ストレスはそこまで感じていない。』『季節の変わり目は、いつもアレルギー反応がある。』『ホットフラッシュがひどく、寝付けない。』『PMSの症状が重い。』今回遺伝子検査カウンセリングにご参加いただいたのは、キャリアウーマンでバリバリお仕事をしていらっしゃるEさん。真面目な方で、とてもスキルの高い方。上の立場の役職ということもあり、仕事もバリバリこなしていらっしゃいます。『自分はタフな人間だと思っていますし、周りからもそう思われていると思います。なので、ストレスがかかっていると言われても、よくわからないというのが正直なところです。』ストレスに対しての自覚はあまりない、ということでしたが、カラダからいろんな不調のサインは出ていらっしゃることには気づいていらっしゃいました。前回まで。慢性的ストレスに気づけなかった⓵//タフな性格?ストレスをそんなに感じていないと思っていた。▶️こちらからどうぞEさん、頑張ることが習慣になっているようで、『カラダがリラックスしてぼーっとする時間を取り入れてください、と言われてもどうすればいいのか?と考え込んでしまう。』ということでした。そこで私の方から、『お風呂に入ってはあ〜ってする感覚、覚えてますか??あの感覚に近いことで取り入れられることってありますかね?』とお伺いしました。この質問、実はEさんに、カラダから心を軽くする《インナーアクティベーション・ヒーリング講座》を受講していただいた時も同じご質問をさせていただいたのですが、以前は答えが中々出てこなかったのです。ですが、Eさん、今回はサクサクたくさんご自身の答えが出てくるではありませんか!!『緩む感覚ですね✨・カフェでコーヒーやチャイを飲んだとき・公園のベンチで空を見上げているとき・平な道をサイクリングしているとき・夕暮れ時に下り坂を歩いているとき・大きな樹木の並木道をゆっくり歩いているとき・お気に入りの詩集を読んでいるとき・犬を撫でているとき・好きな落語を聴いているとき・静かな音楽を聴いて寝転んでいるとき・教会の鐘の音を聞いているとき・中国や台湾の街を1人で歩いているとき […]

  2. […] 『ストレスはそこまで感じていない。』『季節の変わり目は、いつもアレルギー反応がある。』『ホットフラッシュがひどく、寝付けない。』『PMSの症状が重い。』今回遺伝子検査カウンセリングにご参加いただいたのは、キャリアウーマンでバリバリお仕事をしていらっしゃるEさん。真面目な方で、とてもスキルの高い方。上の立場の役職ということもあり、仕事もバリバリこなしていらっしゃいます。『自分はタフな人間だと思っていますし、周りからもそう思われていると思います。なので、ストレスがかかっていると言われても、よくわからないというのが正直なところです。』ストレスに対しての自覚はあまりない、ということでしたが、カラダからいろんな不調のサインは出ていらっしゃることには気づいていらっしゃいました。前回まで。慢性的ストレスに気づけなかった⓵//タフな性格?ストレスをそんなに感じていないと思っていた。▶️こちらからどうぞ慢性的ストレスに気づけなかった⓶//自分に優しくするコツがわかるようになった!!▶️こちらからどうぞEさん、体質改善をはじめて1週間ほど経ちました。ここでEさんの体調に異変が起きてきました。『顔に吹き出物と歯の痛みが現れていること、ピリピリした痛み、リンパの腫れなどから、皮膚科を受診してきたところ、帯状疱疹との診断を受けました。ストレスと過労が原因だそうで、やはり相当無理をしていたのだなと感じます。また、このタイミングで帯状疱疹になったことも《インナーアクティベーション・ヒーリング》のデトックスの一つのように感じています。ストレスと過労の結果、こんな辛い状況になっているので、やはり仕事の仕方や、生活習慣を見直す必要があると痛感しました。栄養をとって、安静にするようにとのことですので、ゆっくり休みたいと思います。』《インナーアクティベーション・ヒーリング》でカラダから心の柔軟性が作られていたからこそ、ご自身の症状に対して慌てることなく落ち着いて必要なことを対応できていらっしゃいました。それでも、かなり痛いとおもます。帯状疱疹になる、ということは、かなりカラダの免疫機能が下がっていますよ〜というサインです。また、なぜこのような症状が起きたのか?をEさんの体質と生活習慣から推測すると、、今までかなりの慢性的ストレスが精神的にも肉体的にもかかっていたことで、ストレスホルモンの分泌過多な状態が続いていた。その結果、ストレスホルモンの分泌をモニタリングしている海馬が萎縮していたことで、カラダの認知機能が低下していたことが推測されます。また、Eさんは体質的にもストレスホルモンの生成がうまくいかない上に、ストレスがかかると、回復するまでに時間がかかる体質。(ストレスホルモンの適切な分泌はカラダの生体リズムを整えてくれます。)ストレスが多い生活環境によって(特にお仕事の人間関係など)、一生懸命、カラダを守ろうとストレスホルモンを生成しても生成にハイリスクのため追いつかず、副腎疲労が起きていたのでは?ということも見えてきました。そうなると、カラダの生体リズムが狂いやすくなります。今まで、かなりのストレス状態で、すでにカラダに炎症反応が起きていたはずなのに、ストレス過多によってカラダの認知機能が落ちていたことで、カラダの炎症反応がスルーされてしまっていた可能性があるかもしれません。今回、体質改善が進み、ホルモン生成が増えてきたことで脳の認知機能が上がり、慌ててカラダが『やばい!!ここ炎症起きてるよ!!』と認識しはじめた、ということが推測されます。また『特に季節の変わり目はアレルギー反応がある。』ということでしたが、ストレス過多によって免疫機能が落ちていたことにより、アレルギー反応が起きていたのではないか?ということも併せて見えてきました。Eさんに合った体質改善は続けていただきながら、カラダに炎症が起きている時に生活の中で取り入れていただくこととして、◉環境のほこりをしっかりとる。▶️かなり免疫が下がっている状態ですと、少しのほこりや花粉でも反応が出てしまうため。◉カフェイン・糖質が高い食事・加工食品・刺激物などを控える。▶️ストレスホルモン生成に関わる副腎に負担がかかるため。◉ブルーライトを避ける▶️お仕事環境がパソコンを常に使用する環境のため、網膜からの光により、ホルモンバランスが狂いやすいため。なども併せて気をつけていただきながら、カラダを休め栄養をとって続けていただきました。 […]

  3. […] 『ストレスはそこまで感じていない。』『季節の変わり目は、いつもアレルギー反応がある。』『ホットフラッシュがひどく、寝付けない。』『PMSの症状が重い。』今回遺伝子検査カウンセリングにご参加いただいたのは、キャリアウーマンでバリバリお仕事をしていらっしゃるEさん。真面目な方で、とてもスキルの高い方。上の立場の役職ということもあり、仕事もバリバリこなしていらっしゃいます。『自分はタフな人間だと思っていますし、周りからもそう思われていると思います。なので、ストレスがかかっていると言われても、よくわからないというのが正直なところです。』ストレスに対しての自覚はあまりない、ということでしたが、カラダからいろんな不調のサインは出ていらっしゃることには気づいていらっしゃいました。前回まで。慢性的ストレスに気づけなかった⓵//タフな性格?ストレスをそんなに感じていないと思っていた。▶️こちらからどうぞ慢性的ストレスに気づけなかった⓶//自分に優しくするコツがわかるようになった!!▶️こちらからどうぞ慢性的ストレスに気づけなかった⓷//ストレスを溜め続けた結果、カラダが慌てて炎症し出した!!▶️こちらからどうぞ前回の続きです。帯状疱疹になったことが、あまりにもパンチが効いた体験だったようで、これをきっかけに、働き方について改めて考えるようになったEさん。そうこうしているうちに、急遽部署異動の話が持ち上がり、『えええ〜〜〜〜』と落ち込むEさん。Eさんの職場は異動が多い環境です。その度に一から仕事を覚え直したり、仕組みづくりをしたりするのがものすごく大変だそう。いつも慣れてきた頃に、次の部署に異動して、新しい人間関係や仕事の業務に慣れるのに時間がかかりストレスだと言います。遺伝子検査の結果からも、精神的な安定に関わるホルモンにハイリスクですし、急に予定が変わったりする環境に適応するのに時間がかかる、という性質が見られました。ですが、今までどんなに嫌でストレスがかかったとしても、会社側の事情に併せて、異動を受け入れてきました。その度に、『おれ、こんなんじゃだめだ!!』と自らの心を奮い立たせて頑張ってきたEさん。ですが、今回ばかりは、『もう、私、これ以上頑張ったら倒れてしまう。。』とその状況を落ち込みながらも落ち着いて俯瞰できて受け入れられているご様子。『4ヶ月でやっとなれた業務を取り上げられ、新たな業務を自分では対応できないくらい担当せよ、という指示でした。このことが心配で食欲もなくなり、疲労も感じなくなりました。どうにかこの指示を白紙に戻すようにお願いしようと思います。この仕事を引き受けたら、私は倒れます。。体力も気力も限界です。できることはやったので、最善の道に進めるように《インナーアクティベーション・ヒーリング》をかけて、落ち着いて、上司にお願いしたいと思います。』おお✨ご自身のカラダの状況も含め、しっかり現状を認識し出しておりました。Eさんの場合、遺伝子検査の結果から、モチベーション・状況判断力の項目にハイリスクと出ておりました。心でどうにか『おれ、がんばるぞ!!!』とやる気はいっぱいなのですが、いつも達成感がないということでした。心のやる気に中々カラダがついてきていないのでは?ということも見えてきました。この理由には、やる気や達成感を感じるホルモン、ドーパミン生成にハイリスクだったり、チャレンジ力・リスク判断力に関する男性ホルモンにハイリスクがあることで、『いくら頑張っても達成感が感じられないから頑張り過ぎてしまう。』また『自分の体力・気力などを考慮した上でベストを尽くす以上にがむしゃらに頑張ってしまう。』ということが見えてきました。Eさんがこういう体質だとは知らずに、「もうEさんは頑張っているから、頑張り過ぎなくていいですよ。」と伝えたとしても、ホルモン生成がうまくいかないことで達成感が感じられないEさんにとっては、「もう十分頑張っているから満足だ。」とは思えないもので、なぜなら、ホルモンが感情を作っているからなのです。ですが、体質改善で認知機能が上がってきたことで、「自分の心身ががんばれることと無理なこと」が自分の中からの仕分けが格段と進んで俯瞰できるようになったEさん。『ずっと心の奥では心身を殺して泣きながら頑張って仕事を続けていたんだ、と反省しました。。』と一気に力が抜けたご様子。これはいつもとは違う行動が取れるきっかけになるぞ!!と、明るい未来が見えてきました。と、上司の方と、異動について順調に話し合いが進み(色々合ったそうですが)結果、、『異動しなくていいことが決まりました。ただ、仕事は増えますが、慣れている業務なので、なんとかなりそうです。職場で大切なことは最低限仕事が回っていることで、どんなやり方でもいいと思います。様々な人がいる中で、考え方が一致しないことを前提に、自分がどうしたいのか都度決めて、自分軸でバランスしていけないいのだと気づきました。これまでの私は、全員の考え方が一致すること、全員が納得することを目指してひとりで背負いこんででいたようです。』Eさん、ご自身の気持ちに正直に行動できたことで、意外な展開を見せたそう。で、結果、仕事が円滑に回る異動配置で落ち着いたそうで、『神様の計らいってこういうことですね✨』と、笑顔が戻っていました。心とカラダが循環し続けていると、おもしろいことや意外なことが起き、可能性が広がるものです。 […]

  4. […] 『ストレスはそこまで感じていない。』『季節の変わり目は、いつもアレルギー反応がある。』『ホットフラッシュがひどく、寝付けない。』『PMSの症状が重い。』今回遺伝子検査カウンセリングにご参加いただいたのは、キャリアウーマンでバリバリお仕事をしていらっしゃるEさん。真面目な方で、とてもスキルの高い方。上の立場の役職ということもあり、仕事もバリバリこなしていらっしゃいます。『自分はタフな人間だと思っていますし、周りからもそう思われていると思います。なので、ストレスがかかっていると言われても、よくわからないというのが正直なところです。』ストレスに対しての自覚はあまりない、ということでしたが、カラダからいろんな不調のサインは出ていらっしゃることには気づいていらっしゃいました。前回まで。慢性的ストレスに気づけなかった⓵//タフな性格?ストレスをそんなに感じていないと思っていた。▶️こちらからどうぞ慢性的ストレスに気づけなかった⓶//自分に優しくするコツがわかるようになった!!▶️こちらからどうぞ慢性的ストレスに気づけなかった⓷//ストレスを溜め続けた結果、カラダが慌てて炎症し出した!!▶️こちらからどうぞ慢性的ストレスに気づけなかった⓸//自分で問題を解決する力が湧いてきた✨▶️こちらからどうぞ前回の続きです。お仕事の悩みがひと段落したことで、Eさん、体質改善のやる気が出てきました。『仕事の心配事が解決したので、やっと食事の改善に目が向き始めています。朝食のコーヒーやパンはやめて、昨日はひじき枝豆サラダと納豆巻きにしました。(コンビニですが。)朝は絶対コーヒーを飲みたい!!と思っていたのに、今は麦茶で十分です。仕事の合間の間食を1ヶ月やめたら、甘いものは以前ほど欲しくなくなりました。少しずつ変えて行けたらいいなと思っています。』体質改善から1ヶ月、やる気や達成感のドーパミンが増えてきたことや精神安定や食欲コントロールにも関わるセロトニンが増えてきたことからの成果も見えてきました。さらに驚いたことは、、ご自身で料理をはじめたこと!!『朝食は長年、仕事前に「カフェのモーニングを食べてから行く。」というルーティーンがあり、それは絶対崩せない!!!と思っていました。ですが、帯状疱疹でどん底の体調を経験したことが変化の後押しになっていると思います。不思議と長年のモーニングルーティーンを変えられたんですよね。無理してやめたのではなく、自然に変えてみたいと思いました。今朝は簡単なお弁当を作って、公園で食べました。これも料理嫌いな私には画期的な変化です。』これは本当にすごい変化で、カラダの機能が変わることで、自然といつもの生活習慣を自然に変えようと思えるきっかけになる方本当に多いのです。また、Eさん自身、体質改善1ヶ月が経って、自然に体重が1キロ落ちていたそう。『お肉を食べると太る、と思っていたので、あまり食べないようにしていましたが、実際この1ヶ月体質改善をして自然に1キロ痩せていました。しっかり食べても太らないんだ、というのがわかったので、ちょっと面白い変化でした。そう考えると、栄養不足だったのかもしれません。』Eさんの不得意な痩せホルモンの生成が体質改善によって増えたことで、◉甘いものを食べたいと思わなくなった。◉必要な栄養素がしっかり取れたことで、脳が安心して体重のセットポイントを落としてくれた。◉栄養素が増えたことで、代謝が上がった。など、カラダに変化があったことで、自然に脂肪が落ち体重が落ちたことが考えられますね。カラダのホメオスタシス機能が整ってくると、みなさん、体質改善への自然なやる気が出てくるものです。実際、この体質改善プログラムを受けていただいたEさんのご感想は?というと、『体質改善後、改めて自分の遺伝子検査の結果をもう一度カウンセリングしてもらうと、以前聞いた時よりもスッと内容が入り腑に落ちました。初めて聞いた時は、自分の結果に結構ショックで落ち込みましたし、言われた改善を本当にできるかな??無理だな、これ、と思いました(笑)ですが今は、自然と生活習慣を変えられているのが不思議です。あのまま自分のストレス状態を知らずに過ごしていたらどうなっていたのか?と思うとゾッとします。。改めて助けられたな、と感じます✨』Eさんありがとうございます。脳の機能も上がってきていますので、格段と理解力がアップしております!体質改善前のカラダの状態で、検査結果や生活習慣の改善策を聞いただけでは、中々やる気が出ないのも無理はありません。それは、みなさんが『やる気がなくて怠け者だから』ではなく、カラダが適切な状態で機能していないからこそ、その状態でやる気を出して頑張って!!なんて無理な話なのです(笑)そして、私が無理矢理あなたに必要だから!!と押しつけて変えようとするのも違うと思います(笑)そんなことしたら、余計ストレスで苦しくなるばかりですね。体質改善プログラムを受けていただくと、みなさんに必要なことが、科学的な観点からしっかり見えてきます。その結果を踏まえた上で、必要なことはご提案させていただいておりますが、自分の体質を知って終わり、ではなく、『実践から得た体感・体験』を通して、心身が良くなる経験を重ねていくからこそ、その人の中で自分のカラダの取り扱いが分かり、自分と育む知恵が培われていきます。みなさんは今までご自身のカラダを健やかにするためにどんなことをしてきましたか??いろんなことをしてきた結果、どんなところにまだ不調や悩みがありますか??自分のカラダの機能と生活習慣の現状を改めて知るきっかけがあると、自分でも自覚できていない部分から悩みや不調の対策が意外なところから見えてくるかもしれません。まずはこちらにどうぞ🙏 […]

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。