ストレスで何もしたくない⓶//自覚ないストレスで会社のランチを大盛りにしていた!?ちょこちょこ食べが自然にやめられた!

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


前回の続きです。

『なんか良さそうだから受けてみたい!』
そうおっしゃってストレスコントロールの遺伝子検査を受けたAさん。

実際、検査結果をお伝えするカウンセリングでは、しっかり検査結果と生活習慣を紐付けながらお話しましたが、
『うん、。。なんかよくわからないです。。』と、その日はカラダがだるく、中々話が頭に入って来ない模様。。

『受けてみたけど、なんか頭に入らないです。。だからとりあえず体質改善して、カラダの変化をみたいと思います。』
Aさん自身、いつも体感して、後で理論を紐付けると理解が早い、体感してから腑に落とすタイプ。

ということで、体質にあった食事改善、運動、カラダの機能の底上げをする安全で良質なサプリをお勧めすると、迷わず、
『全部やってみます!!』と『なんか良さそうだからやってみる』に素直に行動しようというスタンスで体質改善が始まりました。

ストレスで何もしたくない。//『カラダがだるい』『やる気が出ない。』検査結果を聞いても『よくわからない』が変わり出した。▶️こちらからどうぞ



Aさん、お子さんの『学校に行きたくない。』の一言に、かなりショックで気力が戻ってこない状況でした。
(Aさん自身のとある行動によって、学校にいきたくないと言い出してしまったのもあり、かなり落ち込んでいました。。)

ですが、カラダからホルモンバランスを整えていることもあり、精神安定のホルモンが生成されてくると、少しずつその状況を受け入れられるようになってきました。
『もしかしたら、子供が周りのみんなにどう思われているのか気になってしまうのも、カラダの機能の得意不得意で何かあって関係あるのかな??いつも猫背になってしまって姿勢が悪いんだよな。先生にいつも直されているけれど、自分で頑張って直せることではない気がする。』
今度は、お子さんのカラダを整えてあげたい、と思うようになったAさん。

猫背って自分の意思で直そうと思って直るものではなく、いくら筋肉がついていたとしても、神経伝達物質である、セロトニンの分泌がされていなければ、電気が通っていないパソコンをカタカタいじっているのと同じなのです。
そういう日常の姿勢からも、見えていないホルモンバランスの不得意って見えてくるものですね。

《体質改善1ヶ月後》

『体重の変化のことですが、1ヶ月で2キロは減っています!!
2キロも減るって何か減らしすぎとかあるんですかね??
以前病気した時に体重減った時も、こんな体重になったことがないので。。体調は悪くないんですけどね。
私、体重減らしたいと思っていなかったので。。びっくり。。
体脂肪率は、24〜25%台から21%台に。。運動も特に毎日寝る前にストレッチをするくらいですかね。
あとは平日、雨の日以外は自転車で通勤くらい。ウォーキングしようと思ってもなかなかできなくて。』


おおお✨
これは、カラダが栄養いっぱいになり、血糖値が上がらない食べ方に変えていただいたことで、脳が安心して体重を落としてくれた、ということです。
脳は自分の体重を一定の状態で保っています。カラダに優しく痩せるためには、まずは脳に
・体重を落としても大丈夫だよ!と安心させること。
・新しい体重を認識させること。
これが大事です。

よく無理な食事制限や激しいダイエットで体重を落とした方が、リバウンドしてしまった、という話を耳にしたことはないでしょうか?
無理に体重を落としてしまうと、カラダが飢餓状態と判断して、元の体重に戻そうとする機能が働きます。
Aさんの場合、元々ものすごい食べていたようで(社食のバイキング形式のご飯をいつも大盛りにしていたそう。。)
それでもちょこちょこ小腹が減って、デスクにチョコレートを忍ばせて食べていたそう。
▶️これ、ストレスがかかったことによる摂食行動によくみられること!

ですが、1ヶ月、しっかり痩せホルモンの分泌が生成されたことで、
・ちょこちょこ食べを自然にやめられたこと。(一度もデスクに忍ばせたチョコレートを食べずに済んだそう!!)
・血糖値のコントロールがうまくいき、脂肪の蓄積がストップした。▶️だから体脂肪が減り体重が落ちた。

これらが考えられますね。

そんなこんなで継続していくと、今度はいつも食べているご飯や料理に興味が出てきたAさん。
面白いことに、あんなにおかわりしてまで大盛りにしていたお昼ご飯の食堂ごはんは、『栄養士さんがメニューを作成してくれているから栄養満点だ。』と今まで思って食べてきていたそう。
ですが、よく考えたら、
『????ん??これって、とっても糖質が高いごはんではないですか??今まで糖質目線で考えたことなかったです!!!献立表をみると、野菜が入ってそうで、実際は少ないと思いました。。』と気づいたそう。

どんどん脳の状況判断力が回復してきて、どんどん認識が進んできました。

一番面白かったのはというと、、この1年半、夜ご飯を作る気力がなくて、旦那さんに全て任せていたそう。
『男が作るご飯なので、唐揚げ、とか揚げ物、などが多く、いつもはそれが普通になっていたので、まあいいか、ぐらいだったのですが、、デブ(夫)の料理は末恐ろしい!!今まで気づかなかった私も末恐ろしい!!ほんとよくこれたべてたなぁと。こりゃ、カラダ悲鳴あげますわ。。』

大分、脳の認知機能が上がってきましたね(笑)自分で認識するからこそ、生活習慣って変えようって思えるものです。
やる気が出てきたことで、ご自身で料理を作る意欲も湧いてきたAさん✨
『ようやく料理のレパートリーを増やしたいなって気になってきました。わからないこと知らないこと、たくさんですが、どんな料理が私に合いつつ家族にも美味しく食べてもらえるのかって考えられ始めているのがいいなと思います✨
やる気も、燃えるようなやる気ではなく、柔らかい優しい?というか心地よいやる気っていうのかな。無理なくそのままを受け入れられる自分になりつつかるから、より一層感じるのかもです。』

おおお✨
カラダが変わることで、自動でその人の中から、自然にこうしたい!と何かが変わるきっかけがやってくるものです。
続けてAさんの変化をシェアさせてください🙏

心とカラダの滞りを正常化!暮らしの中で取り入れられる
《インナーアクティベーション・ヨガ》
◉朝ヨガ・夜ヨガ ドロップインで参加できます!


▶️こちらからどうぞ


おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。