食欲が止まらない!!//甘いものを食べちゃう罪悪感でストレスを感じていた。。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


ふとみたら、抹茶が賞味期限が切れそうだったので、久しぶりに抹茶を点ててみました。

そしたら、茶道部だった高校時代の思い出が蘇ってきました。

毎回教室が始まる前に、先生がお茶とお菓子でおもてなしをしてくれるのですが、ダイエット中だった私は、
『食べたい!!でも、甘いもの食べたら太る。。でも、ここで食べなかったら変に思われる、。でも食べたいい!!』
っていう謎の葛藤をしていたんです。
完全に我慢のストレスです。。みんな喜んで食べているのに。。

一般的なダイエットは、甘いものを食べること自体を否定したり、『甘いもの=食べると太る』っていう思い込みから、食べてしまうと罪悪感やストレスを感じやすいもの。

ですが、一度この考え方から離れてみることができたのは、自分の設計図=遺伝子情報を知ったことがきっかけでした。

『そもそも甘いものを食べると、カラダにどんな影響があるのか?』
『甘いものを食べたくなる理由のメカニズムがそんなことだったのか!!』

それらの化学的な理由を知ったことで、納得して私は、『甘いもの、食べるのもうやめよう。』と淡々と思えました。
それに、自分の自己管理能力がないから、甘いものをやめられないんだって、食べてしまった時は自分を責めていたんですが、『カラダが甘いものを欲する理由』を知ったら、罪悪感を感じず、むしろ自分のカラダのこと知らなくてごめんね、、という大事にしたい!!っていう気持ちが湧いて、体質改善頑張ろう!!というモチベーションにつながったんですよね✨


自分がどんなメカニズムで太りやすいのか?を知ってから行う《55日ダイエットヨガ》では、
甘いものが自分のカラダにどう影響するのか?のそれぞれのメカニズムまでわかるので、生徒さんそれぞれをみていても、
納得してやめるきっかけになったり、
取り入れるタイミングを変えたり、
血糖値が上がらないおやつに変えたり、など、
その人なりに自然に自分に合う取り入れ方を工夫する行動が取りやすくなっているのが面白いところ。

一番は、カラダが食べ過ぎになる機能バランスの不得意を整えながらのダイエットプログラムなので、『自然に甘いものが欲しくなくなった』とか、『ストレスでしょくに走ることが減りました!!』という方がほとんどなのです✨

ダイエットも楽しく味わってコツコツ自分に合うものを続けていけると成果が出やすいものですよ✨

心とカラダの滞りを正常化 暮らしの中に取り入れられる
《インナーアクティベーション・ヨガ》
:朝ヨガ、夜ヨガ、ドロップインで参加できます🙏

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。