自分に合ったヨガを選ぶのに必要なこと//血管が弱い方の前屈のポイント。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


自分に合ったヨガの完成形って、その時々で違います。ですが、自分がどんな体質なのか?を遺伝子情報からわかっていると、ヨガのポーズを活用することができます。

ということで、今日は前屈。

太陽礼拝の中にも必ず入る立位の前屈。
座位でもそうですが、どうしても頑張って膝の裏を伸ばしてお腹が太腿の前側にペッタンとくっつくのが完成されたポーズだと思い込んできました。なので、まずは膝を曲げて、尾骨を空に向かって持ち上げるように伸ばしてから、頑張って膝裏を伸ばそうとしていました。

ですが、膝裏をぴーんと伸ばした状態で前屈をキープした日は、頭に血が上り、その後の疲労感がすごくて全身ぐったりだったんです。
しかもそれが、心とカラダが落ち着いた状態だと思い込んでいました。
しかもなんかその後疲労感が抜けないし、カラダ全体がだるくなる。
なんでなのかな??と思いながらも、ずっと一生懸命、膝裏を伸ばす練習を繰り返してました。

ここでちょっと、ご自身の体質が血管にリスクがありそうだなぁ??と思い当たるポイントをご紹介。
(私が実際に体験した状態も含まれています。)

◉内出血が起きやすい。
◉階段を登ると息が上がりやすい。
◉甘いもの、脂っぽい食事が好き。
◉普段運動をほとんどしない。
◉以前に比べて体重が増えた。
◉睡眠不足が続いている。
◉ストレスが多いと感じる。
◉喫煙している。
◉お酒を毎日飲む。
◉病院で血圧が高いと言われたことがある。

など、当てはまりそうなことってあるでしょうか??
必ずしもこれらに当てはまるからといって、血管リスクが高いわけではないのでご安心を🙏

私の場合は、前屈ポーズをした時の症状の理由、遺伝子検査を受けたらわかったんです。
それはというと、

◉血管にハイリスクだったから。
◉ストレスがカラダに蓄積しやすく、睡眠をとっても回復が難しいから。



さらに無意識にやっていた血管や血液の状態を悪くする生活習慣の影響もあり、血液・血管の状態も悪いから、だるいに決まってるなぁ、、と納得したわけです。

ということで、自分では変えられない体質を知ってから、前屈する時は、あえて膝を曲げて、太腿の前側に胸をしっかりくっつけ、頭に血液がいかないよう、自分に優しいポディションを見つけて行うようになりました。

どうしても、自分の体質がわからないと、先生の言う通りに見様見真似で『それがいいポーズの完成形だ。』と、基準を儲けるしかありませんが、
『自分の中にしか、ポーズの心地よさはないから、自分がいいと思ったところを選んでください。』と、ヨガ先生からよく言われるものの、生徒さんにしてみれば、『それがわからないから困ります。。』というお声もよくお伺いします。

科学的に自分の体質を知ることで、自分のカラダを大事にした扱い方が根本からわかると、日常のどんなシーンにも活かしていけるわけです。

例えば、今回の『血管のリスクからヨガポーズが選びやすくなった』ということもそうですが、
他にも女性ホルモンであるエストロゲンの生成がうまいかないから、カラダの柔軟性を無理に高めようと伸ばしすぎると、関節や靭帯を痛めやすいな、とか。
エストロゲン生成は、考え方の柔軟性にも関わっているので、急に予定変更されたりすると、パニックになりやすいな、とか。

自分の根本的カラダの設計図=遺伝子情報を知るって、科学的なアプローチから対策し、日常のいろんな場面に応用できるので、自分が自分を格段と扱いやすく、理解してあげやすくなりました。

自分のカラダにストレスがかからないヨガポーズのコツ、大事です✨

みなさんにとって、自分に合った運動や生活習慣を改めるきっかけになったらうれしいです🙏

心とカラダの滞りを正常化!!暮らしの中に取り入れられる
《インナーアクティベーション・ヨガ》
◉朝ヨガ・夜ヨガ ドロップインでご参加できます。


▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。