自分に合ったダイエットに必要なこと//ホルモンバランスが整ったら、眠れるようになった!!

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


前回の続きです。
『睡眠を改善したい』ということで、睡眠に関わる遺伝子情報から紐解く『サポーティングスリープ』の遺伝子検査を受講いただいたSさん。

まずは食事の面から改善スタートしました。

自分に合ったダイエットに必要なこと//眠れないからストレス太りしていた?
自分に合ったダイエットに必要なこと//眠れない原因はみんな同じ??

Sさんのカラダの特性として、苦手なセロトニン生成を促すために、Sさんに合ったお食事と運動、良質で安全なサプリで補いながら、体質改善継続中です。

3日目ぐらいから、しっかりセロトニン生成が進んできたようで、睡眠ホルモンであるメラトニンの生成が進んだご様子。
メラトニンはセロトニン生成が進まないと分泌できない睡眠ホルモンなので、セロトニン生成が遺伝子的にうまくいかないSさんが寝れない理由も、ホルモンからの影響が大きいわけです。

ですが、カラダに吸収されやすい状態でセロトニン生成に必要な栄養素が黄金率で配合してある良質なサプリで生成を助けることで、体質改善を始める前より、まとめて長く眠れるようになりました。

以前は11時ぐらいに一度寝落ちして、夜中の2時に起きて慌ててシャワーして寝る、という睡眠ルーティーンでしたが、
『23時〜4時30分まで、平均5時間はまとめて寝られるようになってきました✨なぜか生活習慣を変えることにも抵抗なくスムーズにできています。』ということでした。

◉3日目にして素晴らしい!!!


睡眠不足が続くと、ストレスホルモンの分泌が上昇し、さらに不眠を引き起こす悪循環に陥いってしまいます。

寝てすぐから分泌される成長ホルモンに合わせた時間帯でも睡眠が取れていらっしゃるので、これだけでも脳の老廃物の代謝が進み日中のスッキリ感が格段と違うはずです。(0時〜6時までに睡眠時間をかぶるように寝ていただくのが理想的です。)

成長ホルモンは天然の美容液と言われているくらいですし、寝初めの3時間に集中的に分泌され、細胞を修復しカラダメンテナンスしくれます。
同時に強い抗酸化作用と、成長ホルモンの分泌を促すメラトニンの分泌もピークを迎えるため、午前0時までに寝れている生活習慣に変えられたのは、とても素晴らしいです!!!

短期間でスムーズに体質改善が進んでいるのは、自分の自然に沿ってカラダから心を軽くする《インナーアクティベーション・ヒーリング》の施術を毎日ご自身でやられている成果がかなり出ていますね。
意外に思われるかもしれませんが、当協会オリジナルのこのヒーリング、ダイエット中の方の食生活改善をサポートしてくれたというご報告を多くいただきます。
例えば、『食べたい食の好みが変わった。』『あんなに飲んでいたお酒の量が格段と減った。』『甘いものや脂っこい食事が苦手になった。』など、食への欲求の変化に効果がある、というお声をよくいただくんですよね。

ここでSさんに、『この3日間で、今までやってこられた体質改善やダイエットと比べて、何が一番違いましたか?』と、お伺いしてみると、
『食事は厳しい制限なく満足にとれて、異様な空腹感に悩まされるす、ハードなトレーニングもないのに、、
2日目にして皮下脂肪の数値ー2.7 体重200グラム減ってます。
朝もぼーっとはしますけど、寝起きからすぐに動き出すのが辛くなくなりました✨』

おおお!!すごい!!!
『これ、すごいことなんですかね??』と、今まで重量の重い筋トレやガッツリ身体を動かすハードなダイエットをされてきた方なので、物足りなそうなご様子のSさんでした。
ですが、今まで激しい食事制限と運動のダイエットを選んでいたのも、男性ホルモンにハイリスクであり、自分に厳しくがむしゃらにやってしまう、というカラダの要因からの影響でした。

今回の体質改善は、食事量も以前に比べて増やしてますし、特に何か激しい運動を加えたわけでもなく、少し寝れるようになるための対策を行っただけで、カラダは本来のSさんの自然なバランスに整えようとしてくれている、というのがよくわかります。

と、ここまで順調にきましたが、生理が始まったということ。
ここから、ホルモンのバランスが徐々に変わります。
特にSさんは、精神安定のセロトニンのホルモン生成がうまくいかない、そこから自律神経が崩れやすく、睡眠の質も悪くなりやすい。さらには、ストレスをリリースしずらく、自ら活性酸素を生み出しやすい、と連なってバランスが崩れて取り戻すまでに時間がかかるリスクをお持ちです。

ここで一度、バランスが崩れるかな?と思いつつ、そのままSさんに合った体質改善プログラムを続けてもらいました。

引き続きSさんの変化をシェアさせてください🙏

ストレスホルモンを減らしてセットポイントまで体重を落とす。
《55日ダイエットプログラム》

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。