何をしても痩せられないのはなぜ?//セロトニン分泌が食べ過ぎを抑制する。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


◉運動しても、食事制限しても体重が落ちにくい。。
◉激しい運動を行わないと痩せる気がしない。
◉ジムジプシー。。何度もダイエットを諦めてきた。

パーソナルトレーナーのお仕事をしていると、このようなお悩みでパーソナルジムに来られる生徒さんが多くいます。
そういう方ほど。真面目にダイエット頑張ってらっしゃる方ばかり。。
また、一般的に出回っている健康情報では、ダイエットするのにきつい筋トレと有酸素運動が必須、というイメージが強く、
続かなくてダイエットを諦めて、パーソナルジムを退会していく生徒さんを見る度に、『自分って本当に力不足だな。。何かみんなが続けられるいいやり方はないのかな。。』とずっと考えていました。

お恥ずかしながら、なんせ、私、今まで単品ダイエットや、ヨガ断食、激しい有酸素運動で頑張って無理して体重を落とした経験しかないもので、、(産後に半年で無理に10キロくらい落とす激しいダイエットをしたことがあります。)

なんですが、今回遺伝子検査を受けて、自分のカラダのホメオスタシス機能がバランスしにくい遺伝子情報を知り、それをサポートする食べ方、食べ物、生活習慣を見直したところ、自分の心とカラダに明らかに軽くなり『よくなった!!』という感覚がありました。
そしてカラダに驚きの変化が!!!全く痩せるつもりなどなかったのですが、

◉5ヶ月でマイナス2キロ
体脂肪率3.4%減っていた。

これは、今まで激しいダイエットしかしてこなかった私史上、かなりすごいこと!!

だって、3食しっかり食べて、自分にあった軽い運動を生活の中に取り入れて、自分のカラダの機序がバランスしづらい部分を補う安全で良質なサプリメントを摂取し続けただけで、無理なくスルッとカラダがスッキリしたと思ったら、結果的に無駄な内側の体脂肪も落ちていたから。

去年ネットで購入したワンピース、お腹が苦しくて頑張れば入るけれど、着心地悪くて売ろうか悩んでいたのですが。。
それがスルッと入り、お腹も苦しくなく着れるようになったのがやっぱり嬉しい✨

カラダが良くなるってこんなに気持ちいいのです!!

私自身、この5ヶ月重点的に行ったのが、ストレスケアです。

とういうことで、前回の続きです。
運動しても食事制限しても痩せないのはなぜ?//ストレスケアできてますか?
ストレスってなに?//ストレスは意外なところでかかっている。


ストレスがかかることで、無意識にやってしまってやめられない行動の一つは、『食べすぎてしまうこと。』です。

私自身、3年前に離婚を経験したとき、精神的にも肉体的にも慢性的にストレスがかかった影響から、コントロールが効かなくなり、毎晩浴びるようにワインや甘いものを食べていたことがあります。
(今日は頑張ったから、ご褒美だ、と言う感じで。。)

何が言いたいかというと、ストレスは『食べる行動』にかなりの影響を与える、と言うことです。

また、ストレスによって起こる体内の反応の一つに、セロトニンの分泌低下があります。
セロトニンは摂食中枢を抑制、また、満腹中枢を刺激する形 で、食欲の抑制に作用します。
空腹時の食欲の増加を抑え、食事と食事に間の時間が空いても空腹を我慢することが出来るように働きます。
セロトニンは、食事をして血糖値が上がると、満腹中枢に刺激を送り、「お腹が一杯になって満たされたので、これ以上食べるのを止めよう」という信号を出させてくれます。

つまり、セロトニンは 「食べすぎ」を防いでくれます。
また、空腹時のストレスによって、ドーパミンによる食欲増大やノルアドレナリンによるイライラが起こるのを抑制し、空腹でも平常心を保てるように働いていくれます。

私自身、元々セロトニン生成がうまく働かない体質だと言うことが、遺伝子検査の結果からわかったので、ストレス対策のために、しっかりセロトニン生成に必要な栄養素を食事と安全で良質なサプリで補いながら、セロトニン分泌を促すリズミカルな運動(朝起きての太陽礼拝や、子供と遊びながらのダンスなど)を取り入れて、日々頑張っております。

そして何より、セロトニンが分泌されてくると、精神的にも落ち着いてくるため、食事改善も運動も淡々と続けられる様になったのです。
(以前は、三日坊主で、元々運動そんなに好きじゃないから、続きませんでした。)

1番の変化は、あんなに浴びるように飲んでいた赤ワインや甘いお菓子が、欲しくなくなったこと。

ストレスが慢性的にかかっていた時って、こってりしたハンバーガーなどのジャンクフードや、甘いアイス、お饅頭、甘いカフェラテなどが、無性に食べたくてしょうがなかったのですが、セロトニン分泌されてきて初めて、
『自分のホルモン生成がうまくいかないことで、外から補う擬似的セロトニンでカラダは満たされたかったからこそ、お酒や甘いものが欲しかったのだ。』と気づきました。

5ヶ月間、お酒や甘いものを自然にやめられたからこそ、体重や体脂肪が自然に落ちていったのだ、と納得です。
そりゃそうだ。その代わり、食事の食べる量は一切減らしておりません。
むしろ、セロトニン生成に必要な良質なタンパク質を結構食べるようになりました。
(毎日卵3つは食べているし、苦手だったお肉やお魚も、食べやすいレシピを見つけて取り入れるようになった!)

ストレスが原因で、食欲が止められない方、ご自身のカラダのホメオスタシス機能のどこが苦手で、得意なのか?を、しっかり知り対策しながら、楽しく食べて動いてダイエットすることで、リバウンドすることなく生活習慣を変えることができるようになるものです。

引き続き、ストレス太りについて、私自身の体験を踏まえ、シェアさせてください。

心身の滞りを正常化。暮らしの中に取り入れられる
《インナーアクティベーション・ヨガ》

▶️こちらからどうぞ



おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。