運動嫌いの方必見!!ホルモンバランスが変われば運動が楽しくなる!?

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美



今年の初めに、ストレスが溜まっていた状態に気づかないで、負荷がかかる筋力トレーニングを始めたことで起き上がれないほど疲労が溜まってしまい、パーソナルトレーニングのお仕事自体を3ヶ月ほどお休みしていました。

先月の終わりから少しずつお仕事を再開したのですが、この3ヶ月間、自分の遺伝子情報と生活習慣を含めてた複合的なアドバイスをもとに体質改善をしたのですが、『筋力トレーニングに対するモチベーションが明らかに違う』というのが体感でよくわかったのでシェアさせてください🙏


私自身、性格的に落ち着きがないのは昔からなんですが、特に幼少期から、これといってスポーツをしていたわけではなく、運動はほとんどしてきませんでした。
ジムのお客様にそれを話すと、
『うそ〜!!結構足早そうだし、運動神経抜群そうですし、信じられない!!ダイエットだってしたことないタイプでしょ??』
って毎回生徒さんから言われるのですが、、実際は全く違うんです(笑)

生まれつき肌が浅黒くなりやすい体質ですし(夏に一瞬でこんがり)、50メートル走のタイムは中の下くらいでしたし、高校生の時や、出産後はびっくりするくらい太りましたし。。(二人目の出産後は60キロ後半まで太った経験があります。)

◉運動好きじゃない。。

昔からそう思い込んでいたんです。ずっと。

ですが、今回、ストレスコントロールの遺伝子検査をみて、なんで運動が好きじゃないって感じていたのか、納得したことがありました。

それは、やる気・モチベーションに影響する遺伝子情報に、いくつか要因があることがわかりました。

特にやる気や、達成感をかなり感じずらかったり、チャレンジ力やバイタリティがわきずらく、やる気を出すまでに時間がかかる、という結果でした。

筋力トレーニングでは、『よっしゃーー』と、やる気をだして追い込んだり、重い負荷をかけてトレーニングする場合は、大きな掛け声を出して、気合いを入れて行ったりするわけです。
私自身、小さい頃から盛り上がる場や闘争心剥き出しで戦う場が苦手でして(運動会とか、ライブで騒ぐ、とか、お祭りの御神輿に参加とか)、静かな場所に隠れて本読んだり、ゆっくりお茶を飲んでぼーっとできる場などが好きで心地よく感じていたわけです。

やる気やモチベーションに関わる遺伝子要因がある場合、パワフルでエネルギッシュな場で逆に圧倒されて驚いてしまうわけです。
ですが、これは、性格ではなく、神経伝達物質であるドーパミンの分泌が大きく関わっている、ということを知りました。

ドーパミンは、多くの働きを持つ神経伝達物質で、運動・快楽・楽しい気分・新しい物事へ挑戦する動機づけや、物事を俯瞰したり判断したりする 働きに関与しています。
また、精神を安定させたりするセロトニンが、ドーパミンの分泌量を調整してくれる役割も担っていることを知りました。

私の場合、ホルモン分泌に遺伝子的要因が多くあり、そもそもセロトニンが分泌しいくい遺伝子情報なため、ドーパミンも分泌しいくく、調整がしづらいんだ、ということがわかりました。

そこで、セロトニン、ドーパミンを分泌しやすくなる運動である有酸素運動(リズミカルに早歩きや、パワーヨガなど)を取り入れたり、食事の面からも、食べ方を変えながら、安全で良質なサプリメントでホルモンバランスを整えながら3ヶ月。

久しぶりに入ったパーソナルトレーニングのお仕事での自分の感覚にちょっとニヤニヤしちゃいました。

◉カラダを動かすのって、こんな楽しかったっけか??

ホルモンバランスが変わると、こんなに運動に対する感じ方、、変わりますかね??(笑)

ピラティスのトレーニングの中にある『シール』というラッコのようなコロコロ転がる動きがあるのですが、それが楽しすぎて何回もやってしまった。。



3ヶ月前、筋トレを通してストレスがかかることでぶっ倒れたので、再度負荷がかかるトレーニング自体を行うことに抵抗感があり、筋トレをメインに行うパーソナルトレーナーとしては、もう無理なのか?と、落ち込みました。
ですが、自分に合った軽めの負荷なら、楽しくリズミカルに筋トレできるし、回数を多くして鍛えることはできる!!
さらには分泌がしづらいセロトニン分泌をサポートできるし、ドーパミン分泌も調整できる!!

それに、今まで、セロトニン分泌が不安定だったことから、ドーパミン分泌がなかなkバランスせず、追い込み系の激しい筋トレが苦手だったり、運動自体が苦手だと思い込んでいたこともあり、生徒さんに『負荷がかからない無理のない安全なトレーニングを組みててなきゃ!』というよくわからない恐怖感や、やる気が出ないことから、トレーニング自体の強度も軽いトレーニングメニューになりがちでした。

ですが、今回、自分に合ったトレーニングが見えてきたことで、『過去から積み重ねてきた心とカラダの状態』を見極めて、トレーニングメニューを作ることを整えながらトレーニングすれば、負荷があるトレーニングもできる!と気づいたことでもありました。
それに、自分の今のストレス状態を把握しないまま、体重に合わせた知識通りの負荷を当てはめただけでは、自分のカラダをより良い健康的な状態には導けないな、と納得できた良い経験でした。

これは生徒さんに応用できる!!!

ホルモンバランスが安定することで、運動に対するマイナスなイメージや、恐怖感、不安などの精神的な部分が安定しました。
ドーパミン分泌がしずらかったことで、トレーニングのモチベーションが上がらなかったために、運動時間がつまらなく感じていたのに、今は笑いながらトレーニングしている自分がいて、鏡をみながら頑張る自分に不思議な感覚を覚えました。

◉本当は運動嫌いじゃない方、多いかも!?

『日本人はアメリカ人に比べると、セロトニン分泌もドーパミン分泌も少ない方だ。』という研究結果があるほどですし、ホルモンバランスが整うことで、運動嫌いっていう思い込みが自然に変わるきっかけになったら、トレーニング業界も変わるのかもしれません。
(ジムに入会してまでカラダを動かす方は日本の人口全体の3%、その中で継続している方が20%、1000人の中の30人がジムに通って、その中の6人が継続している、ということになります。/NEWS livedoorより 2020年5月の統計抜粋)


カラダからアプローチすることで、心が変わり、自然に捉え方が変わり、行動が変わり人生が変わります。

ご自身の心とカラダに合った健康管理をサポートするために、ご自身の遺伝子情報に基づいた不調やバランスが崩れやすいメカニズムを知っておくって大事なことです。それをもとにあなたに合ったトレーニングメニュー、健康管理をアドバイスさせていただいております。


ただいま無料15分カウンセリングを開催中です。

まずはこちらにどうぞ🙏

あなたの遺伝子情報をもとに、あなたにあった健康管理プログラムをお送りします。
《高精度・遺伝子検査》無料15分カウンセリングに申し込む。


<内容>
・遺伝子情報って何?
・遺伝子を知って、どう活用したらいい?
・あなたに必要なプログラムチェックリスト

▶️お問い合わせはこちら







おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。