ヨガをお仕事にするために必要なこと//境界線=バウンダリーがある生徒さんとのコミュニケーションって??

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美



前回、ヨガを教えるために必要なこととして、先生も生徒さん側も『先に満たされた状態になること』で、気持ちよくコミュニケーションしやすくなるよ、というのを書きました。

《ヨガを教えるのに必要なこと//先生も生徒さんも不満が溜まってしまう原因って??》▶️こちらから


今日は、さらに広げて、ヨガをお仕事として活動していくために必要な『生徒さんとの関わり方』を、コミュニケーションの観点から書いていきます。

前回、私自身の経験から、『必要以上に生徒さんに尽くしすぎてしまうことで、生徒さんを傷つけ、お互い不満が生まれるよ。』というのを書きました。
この状態にある時に、共通することって、関わる場面によって、先生側が、自分の立場を決められていないことで生徒さんと関わっている場合が多いのではないでしょうか?

これは、ビジネスコンサルに通うようになって初めて、生徒さんと、どういう立場で関わったらいいのか??真剣に考え、学ぶ機会になりました。

過去の私は、そんなことを考えもしなかったので、生徒さんとフレンドリーな関わり方になってしまい、友達なのか?はたまた生徒さんなのか?境界線が曖昧になることが多くありました。

例えば、友人が《インナーアクティベーション・ヨガ》を受けてくれることがあるのですが、私からみれば、普段は友人でもあり、ヨガクラスでは生徒さんでもあるわけです。

ですが、この境界線が曖昧で、自分が意識を変えて、切り替えながらクラスを開催できない場合、クラスでも、友達感覚になってしまって、気づいたら、友人の悩みを相談されていた、なんてことが何度かありました。

相談されるにしても、友達という立場から、友人という立場から、話を『どう聞くのか?』って全く異なります。

友人として、生徒さんとして、立場が重なる場合は、先生側が改めて場に応じて『どう関わるのか?』を決めてから関わることで、『どういう責任の取り方をするのか?』って変わってくるのだ、ということを、お恥ずかしながら、ビジネスコンサルに行って初めて知ったわけです。。

友人として関わる場面なら、『わかるよ〜』とバウンダリー=境界線を持ちながら共感することしかできないですし、
逆に、お仕事として、一緒に解決してほしい、と依頼されたなら、『何が前に進めなくなっているのか?』拝見しながら、生徒さんが解決していくお手伝いとして、責任を取れるものです。

また、『話す』って、かなりエネルギーを使います。

私も元々愚痴っぽいので、自分にとって嫌だったことや、もやっとしたことを、バーっと話したくなってしまうタイプだったのですが、これをしてしまうことで、自分のエネルギーが漏れて、疲れてしまうわけです。

先生側が、生徒さんの話を一生懸命聞いてしまうと、これをさせてしまうため、生徒さんの話すエネルギーをよくなる方向に使って欲しいのに、『ただ話す』という、よくならない方向にエネルギーを使わせてしまうことになりかねないので、避けたいものですね。

ヨガティーチャーの生徒さんとの関わり方をセッションで拝見させていただくと、バウンダリーがない友達の延長線上で『共感し合う関わり方』を無意識にしてしまうことってよくあることです。
共感するって『お互いに感じていることが一致することだ』と捉えがちですが、そうではなく、決して自分をの考えや価値観を持ちながら、バウンダリーがある状態で共感することって大事だったりします。

◉バウンダリーがあることで、
お互い気持ち良い関わり方を見出せる!



これがないままですと、上記のようなことが起こりやすく、生徒さん側にも誤解が生まれやすいものです。

『先生は自分に共感してくれているから、私と同じ考えや価値観を持っていて、私を全部受け入れてくれているだろう。』と、勘違いさせてしまうと、先生が自分とが違う選択や価値観を持っている人だと知った時、今まで近しい関わりだと感じていた生徒さん側は、自分の全てを受け入れてくれていたわけではなかったんだ、と捉えてしまい、傷ついてしまうことって、よくあることです。

先生側も、傷つけるつもりなんてなかったのに、ご自身の関わり方が定まっていなかったことで、近しくなりすぎてしまい、依存関係を作ってしまった、というトラブルのご相談って意外に多いものです。

これは、過去の私が、生徒さんとアンバランスな関わり方をしていた実体験があるからこそ、よくわかるわけでして、ほんと反省しています。。

だからやっぱり、先生と生徒の距離感、境界線、大事です。

先生側が心地よい塩梅に生徒さんの価値観、特性を理解しながらコミュニケーションするスキルは、自分ビジネスには必須ですし、兎にも角にも前提として、お互い安心して関われる状態が整っているだけでも、格段と人間関係のトラブルが減ります。

心とカラダを扱うプロフェッショナルの方が、安全に気持ちよく生徒さんと関われる場を守る技術として、人気のあるプロテクションスキル✨

まずはこちらで体感ください。

先生も生徒さんも、安心して関われるバウンダリーを整え、心地よいクラスを構築!!✨
《プロテクション・ユニオン》セッション

◉zoomで20分のオンラインモニター開催しております。

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

2件のコメント

  1. […] ヨガをお仕事として行っていくための生徒さんとの関わり方について前回書いてみました。ヨガを教えるのに必要なこと//境界線=バウンダリーがある生徒さんとのコミュニケーションって??▶️こちらから生徒さんとの境界線=バウンダリーがあると、お互いが心地よいコミュニケーションを取れる土台が生まれるよ、というお話が前回まで。本日は、生徒さんとの関わり方について悩むヨガティーチャーの方が、共通して悩んでいることを、さらに『グルとの関わり方』の観点から書いていきます。 […]

  2. […] ヨガをお仕事として行っていくための生徒さんとの関わり方について前回書いてみました。ヨガを教えるのに必要なこと//境界線=バウンダリーがある生徒さんとのコミュニケーションって??▶️こちらから生徒さんとの境界線=バウンダリーがあると、お互いが心地よいコミュニケーションを取れる土台が生まれるよ、というお話が前回まで。本日は、生徒さんとの関わり方について悩むヨガティーチャーの方が、共通して悩んでいることを、さらに『グルとの関わり方』の観点から書いていきます。 […]

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。