ヨガを教えるのに必要なこと//先生も生徒さんも不満が溜まってしまう原因って?

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美



ヨガクラスにはいろんなライフスタイルの方がいらっしゃいます。

様々な運動法がある中で、特にヨガを選ぼうと思った生徒さんを拝見していると、

◉日常に強いストレスを抱えている方。
◉過去に病遍歴がいくつかあり、激しい運動が難しい方。(特にご高齢の方)
◉いろんな良くなりそうな健康法、美容法を今まで取り入れてきて、なんとなくヨガに辿り着いた。

このような方が多くみられます。

皆さんは、このような方がいらっしゃったとき、どうされますか??

過去の私は、『どうしよう。。。。』と不安と焦りで、私の方が心とカラダをガチガチにしてクラスを行っていました。

なぜかというと、、『私が心とカラダを癒してあげなくちゃ。』『私には対応できない。』『私には彼らを幸せに導けない。』
なんでかそう強く感じて、『私が生徒さんを幸せにしてあげなくちゃいけない!!』って思い込んでいたわけです。


生徒さんが自分の思い通りに
変わってくれたら嬉しい。
って思い込んでた。


カラダが少しでもよくなったり嬉しい。心が少しでも軽くなったら嬉しい。
一見良さそうな思いなんですが、、生徒さんが『どうなりたいのか??』お伺いもせず、完全に無視して、自分の理想の生徒さんの状態に向かって生徒さんに喜んでもらおうと努力をしていたわけです。

さらには自分が理想とするクラスができなければ、うまくできなかった自分を責め、めそめそ泣いていました(笑)

今だから思うのですが、過去の自分を振り返ってみると、、
『自分には足りないから、できる限りのできることを生徒さんに与えたら喜んでくれるはず』
『私がいいって思ったものを生徒さんもいいって共感してくれないと、絶対いや。』と、生徒さんが認めてくれるまで、自分が疲弊してまで生徒さんに尽くすことがいいことだ、と思っていたんだなって思います。

これは、一見、生徒さんのことを真剣に考えている風なのですが、、今の自分から過去の自分をみると、
『自分のことしか考えていない、ただの妄想癖があるやつだな』って思います(笑)

自分が疲弊してまで差し出すことは、一般的にいいことだと見なされます。
いわゆる奉仕です。
生徒さんにとっても、それが当たり前で『それが良いことだ』と思っていることが多いので、何も疑問に感じない方が多いと思います。

ですが、自分が疲弊し、枯渇していけば、気力も体力もどんどん奪われて、生徒さんに与えられない時だってあるものです。


生徒さんは、『誰かから受け取ること。』=『先生からもらうことだ。』=『自分以外の他の誰かからもらうことだ。』と、先生にいつも行動で見せられ教えられているようなものなので、いつも差し出してくれる先生が、
『先生、、今日は疲れて満足に思うクラスをしてくれなかった。』となると、生徒さんの中で不満が生まれてしまうものです。

『先生はいつもやってくれるのに、今日はなんでやってくれないの??』
『いつも私を気にかけて心配してくれていたのに、今日は声をかけてくれる時間がなかったじゃん!!』
『いつもカラダのアジャストしてくれるのに、今日はしてくれなかった。』

自分が生徒さんに必要以上に与えすぎてしまっていたことで、無意識に生徒さんの中に、もやもやが溜まり傷つけてしまう原因をつくっていたのは、私なんですが。。本当にごめんなさい。

なぜこんなことを書くか?というと、最近生徒さんとのコミュニケーションで悩むヨガティーチャーの方からのご相談が多く、根本では、これと同じ現象が起きていることが多いため、私の経験を踏まえ書かせていただきました。

なぜこのような行動をしていたのか?というと、過去のわたしは、『ヨガの奉仕=自分が疲弊するまで与えることが奉仕だ』と、捉えていたので、自然摂理の循環が全くわかっていなかったからこそ、このような失敗をしていたんだなって今は思います。

自分も生徒さんも苦しめないために、私がこういった『枯渇が生み出す負のループ』を抜け出すきっかけになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》です。
このテクニックがあることで、自動で心とカラダが満たされ、『すでに自分にいっぱいある』状態が持続していきました。

◉全ての人の内側に
満たされるエネルギーが
ある!


『自分の中に、いつでもたくさんエネルギーはいっぱいあるんだよ〜』って、先生の方からそういう状態に先になること。

さらには、『生徒さんの中にも、同じようにエネルギーがいっぱいあるんだよ〜』って、施術することで、体感から腑に落としてあげることができると、生徒さんとの関わりも、お互いが満たされ、心地よいコミュニケーションに変化します。

自分でいつでも『いっぱいある状態』に満たせるのですから、先生側としては、無理に相手に差し出そうと頑張ったりせずとも、生徒さんが自由にクラスを感じ、捉える状態を受け入れられる私に先になることで、生徒さんとの関わり方が格段と心地よい方向性に循環しだしました。

◉満たされたら起こる
クラスの生徒さんの変化は??



自分の中にある自然摂理のエネルギーに沿って、エネルギーが満たされてくると、
日常に強いストレスを抱えている方は、少しずつ心とカラダの抵抗感が減り、受け入れられるものが増え、心もカラダも柔軟性がアップしたり。特に女性は、ストレス発散のために、愚痴を言いたくなることってよくありますが、面白いことにそういったことに興味がなくなる生徒さんが多いものです。

過去に病遍歴がいくつかあり、激しい運動が難しい方は、無理にご自身の心とカラダをよくしようとせず、病気があってもその状態の中で、自分の心地よいバランスを探そうとするようになったりするものです。
病気がいいことでも悪いことでもなく、それを通して、自分はどう対策していくのか?という方向性に意識が向くようになる方がほとんどです。

いろんな良くなりそうな健康法、美容法を今まで取り入れてきて、なんとなくヨガに辿り着いた方は、自分にとって必要な情報に意識が向き、自然に取り入れてみようと思えることを実践するようになったりするものです。
日々『飲むだけで痩せる』というような、一見すぐに効果が出そうな情報って沢山あるものです。ですが、本当に自分に必要な情報ってどれなのか?落ち着いて自分に合うものを考えられるようになったりするものです。

個人差はありますが、自分の意思を持って『やってみようかな。』に沿って、自分で決めて行動していく力=自然治癒力が引き出して行けるように、先生側がサポートしてあげることで、本当の意味で生徒さん一人一人を大事にし、生徒さんが日常に帰ってからも役立つ選ばれるクラスに育つのではないかな、と、経験から感じます。

まずは先生から先に、心とカラダを満たしませんか??
1分の施術という、こんな簡単なテクニックですが、人生のいろんな場面で役立つ恩恵が受け取れるはずです。

また、カラダの設計図=遺伝子的設計として、自律神経系、内分泌系のリスクから『満たされにくい』という傾向がある方もいらっしゃいます。
カラダの側面から、心をサポートするメニューもこれから始めますので、楽しみにされていてくださいね🙏

まずはこちらにどうぞ🙏

先に『満たされたわたし」になり、生徒さんとのコミュニケーションを心地よく変化させる!!
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディング オンラインモニターに参加する。

◉わたしの生徒さんの実に90%に活用していただいているテクニックです。

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

1件のコメント

  1. […] 前回、ヨガを教えるために必要なこととして、先生も生徒さん側も『先に満たされた状態になること』で、気持ちよくコミュニケーションしやすくなるよ、というのを書きました。《ヨガを教えるのに必要なこと//先生も生徒さんも不満が溜まってしまう原因って??》▶️こちらから今日は、さらに広げて、ヨガをお仕事として活動していくために必要な『生徒さんとの関わり方』を、コミュニケーションの観点から書いていきます。前回、私自身の経験から、『必要以上に生徒さんに尽くしすぎてしまうことで、生徒さんを傷つけ、お互い不満が生まれるよ。』というのを書きました。この状態にある時に、共通することって、関わる場面によって、先生側が、自分の立場を決められていないことで生徒さんと関わっている場合が多いのではないでしょうか?これは、ビジネスコンサルに通うようになって初めて、生徒さんと、どういう立場で関わったらいいのか??真剣に考え、学ぶ機会になりました。過去の私は、そんなことを考えもしなかったので、生徒さんとフレンドリーな関わり方になってしまい、友達なのか?はたまた生徒さんなのか?境界線が曖昧になることが多くありました。例えば、友人が《インナーアクティベーション・ヨガ》を受けてくれることがあるのですが、私からみれば、普段は友人でもあり、ヨガクラスでは生徒さんでもあるわけです。ですが、この境界線が曖昧で、自分が意識を変えて、切り替えながらクラスを開催できない場合、クラスでも、友達感覚になってしまって、気づいたら、友人の悩みを相談されていた、なんてことが何度かありました。相談されるにしても、友達という立場から、友人という立場から、話を『どう聞くのか?』って全く異なります。友人として、生徒さんとして、立場が重なる場合は、先生側が改めて場に応じて『どう関わるのか?』を決めてから関わることで、『どういう責任の取り方をするのか?』って変わってくるのだ、ということを、お恥ずかしながら、ビジネスコンサルに行って初めて知ったわけです。。友人として関わる場面なら、『わかるよ〜』とバウンダリー=境界線を持ちながら共感することしかできないですし、逆に、お仕事として、一緒に解決してほしい、と依頼されたなら、『何が前に進めなくなっているのか?』拝見しながら、生徒さんが解決していくお手伝いとして、責任を取れるものです。また、『話す』って、かなりエネルギーを使います。私も元々愚痴っぽいので、自分にとって嫌だったことや、もやっとしたことを、バーっと話したくなってしまうタイプだったのですが、これをしてしまうことで、自分のエネルギーが漏れて、疲れてしまうわけです。先生側が、生徒さんの話を一生懸命聞いてしまうと、これをさせてしまうため、生徒さんの話すエネルギーをよくなる方向に使って欲しいのに、『ただ話す』という、よくならない方向にエネルギーを使わせてしまうことになりかねないので、避けたいものですね。ヨガティーチャーの生徒さんとの関わり方をセッションで拝見させていただくと、バウンダリーがない友達の延長線上で『共感し合う関わり方』を無意識にしてしまうことってよくあることです。共感するって『お互いに感じていることが一致することだ』と捉えがちですが、そうではなく、決して自分をの考えや価値観を持ちながら、バウンダリーがある状態で共感することって大事だったりします。 […]

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。