恐怖を感じるメカニズム//遺伝子検査で体質改善・新しいことを始めるときに起こる不安と恐怖の超え方

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美



新しいコンテンツメニューを作るにあたって、先週はたくさんカラダも頭も動かした1週間でした。
ですが、心は特に動きません。。それが以前の自分と比べてかなり変わったことなのでシェアさせてください。

◉新しいことを始めるときの
不安・恐怖
どう乗り越えていますか?



みなさん、新しいことを始めるときってどんな感情が湧いてきますか??

いつもと違うことを始めるときの、ドキドキと不安。仕事なら、新しい職場の人間関係の心配。職種が違う場合は、仕事に慣れるまでのストレスだってありますよね。
個人事業主や経営者の場合は、生活していけるのか?事業がうまくいくだろうか?などの金銭的な面や運営していく上での課題を通した不安、心配ってつきものです。。

全く新しいことをしようとするとき、大体の方が、不安、恐怖を感じるわけです。それはみんなに共通するカラダの機能として必ずあることです。

私は、人の何倍も、ものすごく恐がりで心配性です。
小さい頃から、親には『すぐ泣くのやめなさい。もっと強くなりなさい。そんなんじゃ大人になって大変よ。』そう言われてきたものでして、それもあったせいか、『泣いちゃダメだ。もっと強くならなきゃいけないんだ。』ってどうにかそれを変えようとしてきました。

ですが、今まで『恐がりなのは、性格なのか??自分の心が硬くなって起こしていることなのかな?』ってずっと悩んでいたので、瞑想やらヨガやら心理学やら自己啓発、様々な方法を取り入れて、心をコントロールする方法を学んだら、精神的に強くなれるのではないのか?と、思っていたのですが、、一時的な効果はあったように感じましたが、よく考えたら、いつもまた同じことで悩んで、恐がりの自分に戻ってしまうわけです。

その中でも、ずっとヨガは続けて、心を鍛錬し続けてきたのですが、、どうやら私の場合は、心が原因ではなかったことが最近わかったわけです。

◉遺伝子=カラダの設計図でわかった
精神的な安定感・集中力の状態



何が原因だったか?というと、カラダの設計図=遺伝子の情報に精神的安定感・集中力を継続できないリスクがあることがわかりました。

なるほど!!小さい頃から、新しい環境や人間関係と関わることが苦手だった原因ってそれだったの??と目から鱗だったわけです。
(例えば、運動会で新しいことをみんなと一緒にする、とか、新しい学年に上がるときの人間関係が変わる時とか)

そこで、遺伝子情報を元に体質改善して2ヶ月。精神安定を司るホルモン、セロトニンがしっかり出てきたことで、新しいことをしたり、状況がわかった時の切り替えやすさ、恐怖と不安が格段と減ってきました。

そんな中、以前だったら、確実に『恐い。。どうしよう。。自分にできるのだろうか。。どうしよう。。やっぱり自分はできない。。』って、子鹿のように足が震えるであろう場面でも、心は静まりかえっているわけです。
ですが、カラダは、少しいつもと違うことをする恐さと不安を感じていないわけではなかったのです。

◉本質からの意思が
心の観念を超えたとき



これは初めての感覚で、自分がこのカラダの運営者として、『私はカラダの機能として、不安と恐怖を感じやすい』って認識できているからこそ、『カラダはいつもと違うことに、恐いし不安だって反応しているのね。。だから連動して心も揺れてるんだ。。大丈夫!!新しいことをやってみたいんだもん!!だから行動しよう!!!』
そう、深い部分で『やってみたい!!』って感じれているわけです。。

なんかその感覚が、ついに自分の心の観念も、カラダの機能としての不安恐怖も超えて、『奥の本心がやりたい意思にしたがって、心もカラダも連動して動くって、こういう感じか〜〜』って体感したわけです。

確かに《インナーアクティベーション・ヒーリング》だけでも、心とカラダの連動性って上がります。ですが、私のように、カラダの設計図=遺伝子としてリスクがある場合、その器の部分であるカラダの機能がベースとなって循環が進み、安心感安定感が膨らんでいくわけです。

そうなると、カラダの機能として、血液量、酸素と二酸化炭素の循環度、水分量、神経は生成されているのか?細胞は元気なのか??ホルモンはバランスとれているか??元々持っている免疫機能はどうなのか?自律神経はバランスしやすいのか?

それがベースとなって、《インナアクティベーション・ヒーリング》が相乗効果で機能するのだって言うのが体感を通してよくわかりました。

例えば、《インナーアクティベーション・ヒーリング》は心とカラダに内側からエネルギーを活性化して細胞レベルで、心とカラダのデトックス(心のバランスが揺れることでの放電)が起こります。

ですが、私の場合、カラダの機能として、一度自律神経のバランスが崩れると、通常の方が3日間でバランスするところ、ほとんど何をやっても自律神経バランスが戻りにくいと言う遺伝子設計図です。

カラダの設計図にあった食事法や自分では作り出せないホルモンバランスをサプリで補うことで、カラダの見えていないカラダの土台から、不安恐怖を感じやすい性質を改善した上で、《インナーアクティベーション・ヒーリング》を行うと、相乗効果で、ほとんど心が揺れ動かされることなく、とても落ち着いて毎日が過ごせていることがよくわかりました✨

心から鍛錬して精神的に鍛えたらメンタルが整うのではないか?と思いますが、感覚と心を切り離すことは、人間が生きてい上では無理な話なのです。

ですが、カラダの機能から整えると、そこにただ付随する心がスムーズに整い、感じる感覚も変わっていきます。

ヨガの中の感覚をコントロールすること(プラティアハーラ)を意識的にやろうとすることは、無理な話で、自分のカラダの機能が整って初めてサマディ(三昧・深い瞑想状態)へのプロセスとして、感覚が制御されることが起こる、と言うのが、体感でよくわかりました。

【カラダ】から整えることで、さらには、日常のコミュニケーション・人間関係・仕事のパフォーマンスが楽に円滑に進み、人生そのものがあなたらしく豊かになります。

まずはこちらで、心とカラダのしなやかさ、体感ください🙏

あなたに『必要なスキルと活用ポイント』がわかる
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディング オンラインモニターに参加する
◉わたしのクライアント様の実に90%の方が活用していただいているスキルです。


▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。