ヨガナンダ『あるヨギの自叙伝』から学ぶこと//ヨガのグル=先生を選ぶ基準とは?

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美



『特定のグルがいなくても、ヨガは自分一人で学べる』そう書きました。
ですが、そう書くと、ただひたすら自分と向き合うヨガをすればいいのか?と捉える方もいらっしゃるかと思うので、付け足すと。。。

自分とつながれていない状態で外側のグルと関わるのか?
自分とつながれた状態で外側のグルと関わるのか?

この二つは明らかに、グルとの関わり方にどこに軸があるのか?が違います。
前者は、自分に軸がないので、グルがいないとできないヨガに陥ります。
後者は、自分に軸があるので、グルを通して、自分の中のグルから答えを見つけることができます。

私自身、今でもヨガ講座に行ったり、興味があるワークショップに参加したりしています。

『えみさん、グルからもう学ばないって言ったじゃないですか!!』って思われそうですが、グルから学ばないのではなく、グルを通して、私自身は何を学び、どう活かすのか?自分の中から揺るぎない答えを見つける刺激として、いろんなグルやヨガの講座と関わる関わり方に変わったよってことなのです。

完全に意識のベクトルが外側のグルに求めていた状態で、『素晴らしい答え』を期待して依存していた状態から、自分にベクトルが向き、内側のグルに意識が向いた状態で、『自分が納得できる答え』を誰とどんな環境で関わっても、学べて受け取れることが、良くも悪くも必ずあるって感じるように変わったってこと。

外のグルに意識が向いていた時は、自分の期待する答えや結果と違った時に、『その答えじゃない』とか『この講座にきた意味がよくわからなかった。』とか、グルや講座自体を否定してしまって、自分を知る学びに変えられず、受け取れないわたしでした。

例えば、私自身、先生が本物の先生か試すように、コアなヨガの質問をあえてしたことがありました。
その質問に対して、先生は誤魔化して正直に答えてくれないことがあり、怒って帰ってしまいました。

『知らないのなら、正直に知らないって言えばいいのに。先生は正直じゃないし、なんて高慢でプライドが高いんだ!!』と、私自身がっかりしたのと、悔しいのと、いつになったら本物の先生に出会えるのか?とイライラしたことがありました。

ですが、今となって、自分とつながりを取り戻している視点で見れば、、先生が『私の中にある高慢さ・プライドの高さ』を、表現してくれていただけに過ぎないわけです。

私自身の意識が、『先生が悪い!!』と外側にフォーカスしてしまったがために、その時は私自身、自分の高慢さやプライドの高さを、先生を通して見ることも受け入れることもできませんでした。
そして、逆も然りなわけです。なんで先生のような高慢な方に引き合ったのか?と言ったら、自分の中にその高慢さの周波数があったから、ただそれだけなのです。ですが、それを認めることって、頑固な私にとっては難しかったのです。。

それですと、誰から学ぼうが、どんなに講座に行こうが、正しく学べず、私のように取りこぼしてしまうわけです。

失敗は失敗なのです。『失敗したけど、意味があって起きたこと』と、無理に失敗した自分をなだめるようと誤魔化さず、痛いけど、苦しいけど、『私自身が高慢で、プライドが高くて、すみませんでした。』そう受け入れ、認めた方が学べました。

自分の高慢さを受け入れられたからこそ、『そういうめんどくさい関わり方はもうやめよう、私からは誰とでも素直に関わる!!』って決められたからです。

◉一人一人が何を信じるのか?は
体感して創造するもの。


そうやって、素直になって、自分の内側と外側がつながるほど、私の周りには、『実体験を通した在り方』を通して、私の中から答えを引き出してくれる存在の方が増えてきました。

彼らは皆、ヨガの先生ではありません。仕事の種類や社会的役割は違うかもしれないですが、どんなものにも共通する、変わらない普遍の法則が、体感を通してわかっている存在。私自身が、まだ体感したことないその先を会得しているからこそ、背中とその内側から発するエネルギーで教えてくれる存在です。

そして、私自身が自由に体験することを邪魔せず、それを見守るように、絶妙なタイミングで私を諭してくれる。

私はいつも、彼らに刺激をもらい、触発されます。

私自身は、こういった『在り方』で私の内側の力を引き出してくれる方こそ、ヨガナンダが言われるグル=導く先生だな、と感じるのです。

◉グルを見極める方法。

これは、、自分につながればつながるほど、心が取り払われるほど、明らかに、その言動、行動、在り方から、体感を通して真実が見えてきます。

『私が教えてあげる』と上から目線で自分の武勇伝しか語らない飲み屋のおじさんのようなタイプでもなく、(ごめんなさい🙏)
自分が経験したことしかわからない視点で、自分の答えを押し付けるでもなく、

自分の経験からエッセンスだけを抽出し、あなた自身が自分の意思で人生を進められるよう、あなたの内側から本来の力を引き出してくれる存在、
これが、私が外に置くグルを選ぶ定義です。


これについても、ヨガナンダは、『あるヨギの自叙伝』の中で書いています。

真のヨギは、俗世の中に居ても、世間的な義務を果たしながら清浄な生活を送ることができる。
彼は世間という水の中にあっても、たやすく水と混じり合うミルクのそうな存在ではなく、水に浮かぶバターのように、もはや俗界の感化を受けることはない。心の我欲を起こさず、常に神の手足として、進んで自己の役割を演ずるならば、人はこの世のどんな仕事に従事していても、神から離れることはないのである。

今日、アメリカやヨーロッパや、その他ヒンズー教国以外の国々で、ヨギとかスワミという言葉さえ聞いたことのない人たちの中に、かえってヨギやスワミのような手本のような偉人がおおぜい居る。
彼らは、人類に対する没我的奉仕において、また、神に対するひたむきな愛(信仰心)において、あるいはまた、その偉大な精神力において、いわばヨギとも言い得るのである。すなわち彼らは、ヨガの目標である自己統御を行なっているのである。
これらの人々が、もし自分の心と生命力をより意識的に働かせるためのヨガ科学を学んだならば、さらに高い境地に達することができるであろう。
〜パラマハンサ・ヨガナンダ著『あるヨギの自徐伝』第24章より〜



私自身の周りにいる彼らは、『刺激」は惜しみなくくれても、『実際やるかやらないかは、君たち次第だ。』と、私に強制もしません。
でも、器がでっかいから、いや、デカすぎるから、迷子で迷っている子供の私に手を差し伸べてくれる。
ほんと、あんなふうに惜しみなく与えられる愛あるひとで在りたい。。っていつも学ばせていただいております。


こういう方に出会えたのも、やはり自分の内側に本気で正直になったことで、自分自身とのつながりを取り戻すことを諦めなかったことで、外側の現実につながるご縁も環境も、ものすごく変わりました。結局は、自分の人生を創り出しているのは、自分なのです。

みなさんがグルを選ぶときの基準ってなんですか??


外側がインド人だったら、グルなのでしょうか??
ものすごい高度なポーズが取れていたら、グルなのでしょうか??
見えない世界が見えていたら、グルですか???

私自身の経験が、みなさんがグルを選ぶきっかけに役立ったら幸いです🙏

また、カラダの機能バランスによって、心をコントロールすることが難しく、ご自身の人生を苦しいものにしている場合もあります。
それは、あなたの惰性で心がコントロールできないのではなく、カラダの設計図=遺伝子にリスクがあるだけなのです。
その場合、自分の意思で、『心』をどうにか変えようとするのは、難しいものです。
これについては、『カラダ』からアプローチすることで、『心』も一緒に軽くなるケースが沢山あります。

▶️心とカラダが軽くなるメカニズムはこちら

『カラダ』から『心』を軽くすることが得意な《インナーアクティベーション・ヒーリング》も、合わせて、こちらもご活用してみてくださいね。
楽にあなた自身の中のグルとのつながりを取り戻しましょう✨

あなたに『必要なスキルと活用ポイント』がわかる。
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディング オンラインモニターに参加する

◉わたしのクライアント様の実に90%が活用してくださっている技術です。

▶️こちらからどうぞ













おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。