オンラインヨガの効果が飛躍!!//非接触でヘルスケア・遠隔で心とカラダに成果が出て喜ばれる!

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会    
山下 恵美



緊急事態宣言が発令されました。
去年の今頃の状況を思い浮かべてみると、来年の春くらいには終わるだろう。。そう予想していたので、ここまで長引いていることに、焦ってしまうこともあります。

私自身も、改めてオンラインでの場が必須になって来ているのだなぁと感じるこの頃です。

当協会は主に非接触でも安定して心とカラダに成果が出せる※註1《インナーアクティベーション・ヒーリング》という1分で心とカラダがしなやかになるヒーリング技術をみなさまにカスタマイズさせていただき、お配りしております。

註1:施術はほんの1分ですが、施術前後で「1時間よく運動をした後」と同じくらいの変化を感じるとお声をお寄せいただいてます。例えば、その場で前屈でつかなかった手が届いたり、開脚の開き方が、無理せず自然に変わります。受講していただくと、どなたでも高いレベルでの施術が可能です。





よろしければ、実際に《インナーアクティベーション・ヒーリング》の施術ができるようになった生徒さんの心とカラダの変化をご覧ください。







今日は《インナーアクティベーション・ヒーリング》を、オンラインクラスに加えていただくことで、ヨガインストラクター側にも生徒さん側にも、どんなメリットがあるのか?書いていきます。

◉非接触で施術は1分。
その人なりの柔軟性がアップ!


生徒さんが柔軟性をあげたい!!と感じた時、ヨガインストラクター側としてできることはなんだろう??と考えてみました。ヨガティーチャーそれぞれのやり方によっても様々ですが、

◉可動域が開きやすい正しいカラダの使い方を伝える。
◉筋膜や筋肉をほぐして柔らかくする。
◉腱、靭帯、筋肉のストレッチ、または軽い筋トレ。

など、解剖学的に見たカラダからのアプローチがあげられるのではないでしょうか?

では、心への柔軟性のアプローチもできるか?というと、カラダからのアプローチだけでは、ちょっと難しかったりするものです。
なぜなら、心とカラダの連動性が叶って初めて、心の領域までの柔軟性が高まるからです。

インナーアクティベーション・ヒーリングは、心とカラダの連動を安定的に叶える高度なヒーリング技術です。
カラダから、心からだけの単独的なアプローチではなく、心もカラダも両方同時に軽くし、しなやかにするアプローチが可能になります。

例えるなら、根っこはしっかり大地に根を張って、風にゆらゆら揺れている木のような心とカラダの感覚。
心が揺られても、根っこがしっかり大地に根付いているから、また自分の真ん中に自然に戻れる心地よさ。
そして、根っこがしっかり根を張れているからこその安定感、安心感があります。


trees on forest at daytime




私自身もカラダからヨガの無理なポーズの練習を続けて柔軟性を得ようとしていた期間が長かったので、関節の靭帯が伸びてしまい、逆に痛めてしまったり、安定感がなくなって、よくポーズをとるときに足首をグキッとしてしまうことがしばしばあります。
過去の私はヨガで目指す柔軟性をカラダだけの柔軟性と捉え間違えていたなぁと、今では反省しています。。


また、オンラインでクラスをする場合、ヨガティーチャー側が、実際に生徒さんのカラダをみることができないため、伝え方に工夫が必要です。

例えば、、
◉言葉の表現でカラダの動かし方を伝える。
◉画角を変えて、生徒さんに視覚的に伝える。
◉一人一人の動きを画面上でチェックする。(ですが、人数が多いグループクラスは難しいです。)

いろんな視覚的、インストラクションの方向から、ヨガを伝えることはできると思います。

ですが、生徒さん自身がご自身で心とカラダに気づいて調整していただくので、これだけですと、先生のポーズを画面越しにカラダの形を真似して終わってしまったというケースが多いのではないでしょうか?
それですと、

◉オンラインクラスを続けるメリットがわからない。
◉自分にとってどういう効果があるのか、よくわからない。
◉本当にちゃんとできている??

など、自分の心とカラダにどういったメリットがあるのか、よくわからない場合が多いので、継続してもらえないものです。
生徒さん自身が自分の心とカラダの感覚に対するゆとりがない時、ご自身の心とカラダに対する気づきや、日々の違いに意識を向け、調整して整えていただくのは、かなり難しいものです。。

そこで、根本から、心とカラダに対する感覚を磨き、ゆとりを増やすことで、生徒さん自身でクラスの中で、その延長線の日常の動作までもに気づきやすくなるテクニックとして、《インナーアクティベーション・ヒーリング》は活用していただけます。

◉先に心とカラダの柔軟性を高めてから
運動を行うことで、
短期間で心とカラダがしなやかに✨


先に心とカラダの柔軟性をアップさせて、しなやかな状態を作りながら、ヨガのテクニック(ポーズ・呼吸法・瞑想)を行うことで、短期間で心とカラダの柔軟性が叶います。

その方の今現在の心とカラダの状態によって、その土台からの柔軟性が上がるため、個人差はかなりあります。
ですが、ほとんどの生徒さんが、週1回1ヶ月続けていただいたころから、日常生活になんらかの効果を感じられています。

▶️生徒さんのケーススタディブログはこちら

生徒さんに《インナーアクティベーション・ヒーリング》を施術できるようになってもらったその日の変化と、1ヶ月後の変化の動画です。毎日、ご自身に施術を繰り返していただきました。
(一度施術をすると、2週間から1ヶ月ほど効果が持続します。)

特に何も運動はされていない方ですが、たった1分の施術を毎日続けていただくことで、ここまでカラダ全体の連動性、柔軟性が上がっています。



一番共通して多い変化は、カラダが細胞レベルから質が変わり、柔軟性がアップすることはもちろんのこと、肩こり・腰痛の軽減、不安が取り除かれた、睡眠の質の向上、などカラダへの成果や心の面では、日常生活のストレスが減り、過ごしやすなった、という方が多いです。

ヨガインストラクター側も生徒さんも、心とカラダの成果を受け取っていただきながら、より生徒さんからも信頼され、生徒さん自身の中から、クラスを継続する価値を見出してもらえるようになると、自然に選ばれるクラスになっていくのではないでしょうか?

◉心とカラダに成果を出して、
生徒さんに選ばれる!!



オンラインビジネスを整え、非接触で生徒さんを健康に導けるスキルを身につけるなら、今がチャンスです!!
まずは、こちらで、心とカラダが連動した気持ちよさを体感ください✨

あなたに『必要なスキルと活用ポイント』がわかる!
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディングオンラインモニターに参加する。
▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

1件のコメント

  1. […] 前回、オンラインビジネスを整えるのなら、今がチャンスですよ〜と言う記事を書きました。ヨガインストラクターのスキルアップ//非接触でヘルスケア・遠隔で心とカラダに成果が出て喜ばれる。▶️こちらから今日は、個人で活動するヨガティーチャーが、大手オンラインヨガとどう差別化して生徒さんに選んでもらうか?私自身がやってきた体験を踏まえて書いてみます。大手オンラインヨガクラスにも、さまざまな形態のクラスがあります。 […]

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。