ヨガインストラクターのスキルアップ//生徒さんが悩んでいても安心してもらうためにできること

13年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会    
山下 恵美


ヨガティーチャーの方から多くいただくお悩みシリーズ✨
先週、インナーアクティベーション・ヒーリング講座を受講してくれたヨガティーチャーの方と話をしていて、生徒さんとの関わり方・クラスの整え方について話が出たのでシェアさせてください🙏



『ヨガクラスにいらっしゃる生徒さんのほとんどは、それぞれが何かしらの悩みを持っていらっしゃる方ばかりです。ヨガインストラクラーとして、生徒さんが悩んでいる状態の中に飛び込んで、生徒さんの身体的メンタル的な健康管理に関わる仕事をするため、本当に疲れてしまいます。いつもそこから、回復するのに、自然に触れたり、たっぷり寝るかで自分を整えているのですが、自分を回復させるのに、ものすごい時間がかかってしまいます。
そんな自分を、こんなに頑張っているのだ!!ってそれも自分だって受け入れようとしてきました。
ですが、時間は有限であり、心とカラダが循環して行ったら、そういうことは減って来るのかな?と感じ、心とカラダの循環を進めるインナーアクティベーション・ヒーリング講座を受けようと思いました。』



とD先生。

ヨガクラスにいらっしゃる生徒さんって、結構いろんなボディワークやマインドセットなどいろんな方法をずっと続けてきた方が多いと思います。ただカラダが動かせればいいわけではなく、(それならジムでもいいですね。)心の面でも内側からスッキリ満たされたい方が多いもの。
なので、自分と向き合うとか、めんどくさいことはもうたくさん頑張ってきたからやりたくないですし、カラダを動かしてサクッと軽くなりたい方って結構いらっしゃるものです。

そのため、生徒さんの悩みとして抱えているものが大きいほど、先生側の関わり方によっては、生徒さんとの関係性がバランスを崩したりするものです。(依存関係になったり、行き過ぎてしまうと、先生がいないと何も何もできない状態になりやすい。)

みなさんは生徒さんに悩みを相談された時、どんな行動をしていますか?
ヨガの先生がよくやる行動をまとめてみると、


◉『傾聴してあげます。』
生徒さんの話を聞いてあげることで、生徒さんはスッキリします。ですが、悩みを聞けば聞くほど、生徒さんは悩みが怒涛のように出てきて話が止まらなくなったりしませんか?
ヨガでカラダを動かして心とカラダがスッキリ満たされても、生徒さんが『悩みを話す』っていうエネルギーに、ヨガで満たされたエネルギーを使ってしまったら、もったいないものです。
ヨガで満たされたエネルギーを、何に向けるのか?を導くこともヨガの先生の役割なのではないでしょうか?
生徒さんが悩みに執着し、循環していない状態であるほど、話すことでエネルギーがもれ、枯渇してしまう状態を先生側があえて作ってしまっているような状態は本末転倒ですね。この傾聴にはコツがいるものです。

◉『自分と向き合って自分を見つめてもらう。』
悩んでいる自分を掘り下げて見つめるって、ヨガの先生でさえもなかなかできなくて結構苦しいのではないでしょうか??
悩みの中にいる状態で自分と向き合う方法を進める場合、起こるケースとしては、『自分の内側にあるネガティヴな捉え方や思い込み、トラウマなどと向き合って手放そうとする。』になりやすいものです。

例えば、、
『自信がない』から、『自信が欲しい』くて、『自信が得られそうな方法』を探して『自信を得ようと努力する』のような、ないから欲しい行動をする方も多いものです。
そして、ヨガの先生がこの行動パターンをずっと繰り返してきた方が多いからこそ、生徒さんにも勧めるのかな?と感じます。(自信がある人って、そもそも自信を得ることに興味ないですしね。)
先生側が自分が今まで努力して培ってきたやり方で成功した、と感じていたとしても、生徒さんにその方法が合うとは限らないものです。確かに自分と向き合うのですが、向き合い方にはちょっとコツがいるものです。

◉できないことと、できることを生徒さんに伝える。
確かにこれも大事です。ですが、伝え方によっては、生徒さん側に印象がきつく捉えられてしまうケースが多くあり、伝える言葉を生徒さんに合わせて工夫する必要があります。例えば、『腰の痛みをどうにかしたい』という生徒さんがいた場合、
『私はヨガの先生なので、カラダがよくなる保証や症状を緩和することはできません。』と伝えるより、
『私ができることは、カラダを動かすことを通して、痛みに対する心の捉え方や在り方について、学んだことをお伝えすることはできますが、それが〜さんの腰の痛みにどう影響し変化が起こるかを保証したり、よくなる変化が起こる時期をお約束することはできませんがよろしいですか?』など、ヨガが生徒さんのどこに役立つのか?生徒さんの状況に応じて、わかりやすく落とし込んであげることって重要だったりします。

ヨガをすれば心とカラダが今よりよくなるんじゃないか?という気持ちを受け入れた中で、ヨガに対する期待と、ヨガの先生として自分ができることの認識合わせがない場合、生徒さんとの信頼関係を構築することは難しいのではないでしょうか?
これにもコツがあります。

では、根本的に、どうしたら生徒さんとヨガの先生は、より良い信頼関係を作っていくことができるのでしょうか?

◉自分も生徒さんも、何につながっているのか?を
整えておくことが、根本的な解決に役立つ。

生徒さんが悩みにつながっているということは、無意識に『この状態はよくてあの状態は悪い。』と、ジャッジメントにつながっている状態です。さらにヨガの先生が、生徒さんの悩んでいる状態に影響されて同じ視点でそれを一緒になって悩んでしまっていては、同じようにジャッジメントで生徒さんと関わることになりかねません。

いろんな質問をD先生にしていく中で、D先生、ハッとされて気づいたことがありました。

『そっか!!生徒さんをニュートラルな視点でみていけばいいのか!!』

D先生、すでにジャッジメントがない、ニュートラルにつながっているので、ご自身がいつもやっていた生徒さんとの関わり方の何が自分を苦しめていたのか?に気づいていかれました。

『生徒さんがよくなっていかない』のではなく、先生側から生徒さんの悩みにフォーカスしてしまう意識を転換し、バランスした状態に互いがなれることで、先生側も生徒さん側もネガティヴに悩みとして捉えるのではなく、生徒さんの中に、『今意識が向いているもの』として受け入れられるものです。
受け入れられ、自分の今の等身大の状態が意識に入ってきて初めて、次のステップの『自分はどうしたいの?』という方向性に意識が向きますし、先生側が、ニュートラルな視点で生徒さんを俯瞰できるからこそ、生徒さん自身の力で問題解決を一歩ずつ進めていけるきっかけをサポートをしていけるものです。

ヨガを行う上で、カラダからのアライメントもとても需要ですが、生徒さんが悩んでいる状態であったとしても、今のご自身を受け入れて、安心して自分の内側の心に意識を向けてもらうために、自分も生徒さんも場も、エネルギーが循環し、管理しておくことは、ヨガティーチャーとして必須です。


自分がニュートラルに整った状態から、自分の内側にある悩みや喜びを安心してみる心地よさをぜひ体感してみてください🙏


あなたに『必要なスキルと活用ポイント』がわかる
◉《インナーアクティベーション・ヒーリング&アカシックリーディング》オンラインモニターに参加する

▶️こちらからどうそ

自分・生徒さん・環境(集合意識、オーラ、物、空間)のエネルギーフィールドを守り、ニュートラルに関われる土台をサポート
◉プロテクション・ユニオン講座
▶️こちらからどうぞ





おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。