色々やっているのになんで解放されないのだろう?③

私のところにいらっしゃるクライアントさんのほとんどが、ご自身の抱える体調不良や、日常での悩み・不快感をなんらかの方法で解決しようとしてきたけれど、納得のいく効果が得られなかった、という方が多くいらっしゃいます。

なんで解放が進まないのか?
また時間がかかるのか?
について今日は書いていきます。

生徒さんを拝見させていただくと、あることが共通して日常で起こることで、解放が止まってしまうことがわかりました。それは、、4点あります。

①日常に帰ると、家族や友人に影響される。
②一回のヨガクラス・セッション・講座だけで効果を出そうと期待する。
③自由な成果を許せない。
④ヨガクラス・セッション・講座との関わり方。

前回は①日常に帰ると、家族や友人に影響される
   ②一回のヨガクラス・セッション・講座だけで効果を出そうと期待する。
について、書きました。

本日は3番目、4番目をまとめてシェアします。

③自由な成果が許せない。
④ヨガクラス・セッション・講座との関わり方。

生徒さんにカウンセリングメニューを受講いただいた後に、後日、私の方から日常での変化をお伺いさせていただいているのですが、
面白いことに、私自身が改めてリマインドしなくても、ご自身の体験をいいことも悪いことも含めてシェアしてくださる方と、そうではない方に分かれることがわかりました。
この違いってなんだろう??と思っていたのですが、ある一つの結果が見えてきました。


今の現状の状態と、理想の自分の状態のギャップに、どれだけ幅があるのか?ってこと。
ギャップが大きい方ほど、今の現状に満足できない=思い込み・こだわり・世界観が強いってことでもあり、自分の変化に気づきにくい、ということがわかりました。私自身もこれはそうでした。

ですが、ギャップがあったとしても、結果に囚われず、思い込みを変えたい、と決めている方ほど、自由な変化を柔軟に受け入れ、自分の心とカラダの変化に気づきやすく受け入れられる状態にあるのだ、ということもわかりました。

なので、ヨガクラス・セッション・講座の関わり方として、最大限成果を出すためには、
◉自分が考える結果に執着しない。
◉今の自分ができることに集中し、自分で解決する、と決める。


この2つが常にできるかできないか?で、その後の結果の受け取り方・成果がかなり変わります。

とは言っても、自分が思っている成果がどうしてもほしいって思いしまいますし、落ち込んでたり、自信を無くしている時は、誰かに人生を委ねたくなるものですよね。。私もそうだったからよくわかります。

なので、みなさんの成果を最大限出すために、私の方でヨガクラス・セッション・講座を開催するときは必ず、みなさんが安心して、自由な選択を自分に許して、自分のできることに集中できる状態を作ってから行わせていただいております。
私もクライアントさんも場も、全て整えてから行うことで、上の2点が格段と進みやすくなりますので、安心して成果を受け取っていただき、変化に委ねられる自分を存分に楽しんでほしいです✨


ちょっとここで一つケーススタディをシェアします。

先日インナーアクティベーションヨガをご受講してくれたBさん。
Bさんは元々カラダが硬く、柔らかいしなやかなカラダを目指していらっしゃいました。
また、ストレスに弱く、仕事で失敗したと感じると、それだけでどう言い訳しようか?なんでこんなことが起きてしまったのか?と落ち込み、一度落ち込むと中々立ち直るまでに時間がかかると言います。
それらを克服するべく、今までピラティス・ヨガ、心の面でもコーチング、認知行動療法など、いろんな方法を学んだり、レイキなどのヒーリングテクニックも習得されてきた方です。
そのどれもが納得いかない結果に終わってしまったと言います。

Bさんが初めて、インナーアクティベーションヨガを受講された時のご感想は、

『??? 全く何が柔らかくなったのかもわからないです。私、カラダの体感で感じにくいのかもしれないです。
本当に申し訳ないです。。』

そう申し訳なさそうにおっしゃられます。ですが、私と一緒に、その時ある変化を探して気づいて受け取っていきました。
その時ご自身で気づいてあげられるだけ、心とカラダの変化に気づいてあげられれば、それで十分なのです。

Bさんは、『うーーん』と、どこか納得行かなそうな顔で、『柔らかいってなんだろ?』と疑問がでてきているご様子でした。
私自身、そういう時は、無理にこちらから何かを説得するような気づかせる何かを差し出すようなことは一切致しません。その日は私から、『この循環が2週間から1ヶ月くらいは続きますので、楽しんでください〜✨』で終わりました。

そこからBさん、面白いことに、ヨガクラスを2週間に1回のペースで受講するようになりました。
毎回の口癖が、『やっぱり、カラダが柔らかくなった気がしなくて私だけ効果がないんですかね??』
そうおっしゃられます。ですが、私自身はその日気づける変化を一緒に探し、受け取ってもらうようにクラスを進めました。

ちょうど4回目のクラスを受けた頃、オンラインヨガのモニターをピッとつけるとBさん、勢いよく喋り出しました。

『えみさん!!!!!!!私、何にも変わってないなんて言ってたけど、そんなの全然そうじゃなくて、あんなに嫌だった職場の上司が、とってもいい人に見えてイライラしなくなったことに今日気づきました!!
それにそれに、今までは、デスクワークが多くてガチガチでマッサージに週1で通わないと1週間乗り切れなかったのに、今月マッサージ、行ってないですし、仕事の量もやりたくなくて後輩に譲って帰ってくるくらいでしたが、やったるで!!って頑張ってる自分がいることに今さっき気づいたんです!!えみさんって、多くを語らないスタイルなんですねぇ。。』

多くを語らないスタイル。。これについてはまた今度。。
Bさんは、自分の変化に気づいて自分で受け取るまでに、2週間に1度、ヨガクラスに通い合計4回、2ヶ月の期間がかかりました。Bさん、自分をよくしようと色々やってきて、早3年6ヶ月。この成果は、今までいろんな方法で自分をよくしようとしてきた人にとっては、格段と早く成果が出ているってことでもあります。

改めて、Bさんに今まで、心とカラダが柔らかいってどういう状態だと捉えていたのか、お伺いしてみました。
『え。。それは、心もカラダも、バレリーナのように柔らかで田中みな実のイメージでふわふわむっちりしている感じです。。』

田中みな実!!
Bさんは、高校生まで長らく水泳選手をやられていたこともあり、しっかりした筋肉と骨格が魅力のスレンダーボディな訳です。
それが、インナーアクティベーションヨガを受けることで、田中みな実ボディになったら、そんな魔法みたいなテクニック、みんなやりたがりますね(笑)というか、

現実の自分の体型⇨しっかりとした筋肉質としっかりした骨格が魅力のスレンダーボディ。
理想の自分の体型⇨女性らしい柔らかさがあるもっちりボディ。



心とカラダの柔らかさ=田中みな実。。ギャップ半端ない。。このギャップが大きければ大きいほど、こうでなければならないという思い込み自分を縛る観念が強いってことですが、、そこで、Bさん、思いっきり気づいたことがありました。

『私もしかして、この体型がコンプレックスで、田中みなみボディになれたら、自信が出るんじゃないないかと思ってたのかもです。。』

ようやく奥の願いにご自身で気づきました。Bさんの本当の願いは、 ”自信がほしい” だったわけです。

自分が無意識に望んでいることって、自分ではよくわからないものです。それに気づけずにいたら、Bさんはずっと田中みな実ボディを目指し、太れない体質なのに太ろうと努力したり、自分が元々持って生まれたものを否定しながら、これからもいろんなテクニックや方法で自分を満足させようと努力を繰り返していたでしょう。


絶対この結果がほしい、と先に決めず、根本的に何が自分を苦しめているのか?に働きかけることで、最後は気になっていた問題が、問題だと捉えることさえなくなり、最終的には、全く気にならなくなるものです。

Bさんは、継続してインナーアクティベーションヨガを受けてくださり、ご自身でもインナーアクティベーションヒーリングをできるようになりたい!と、次のステップに迷わず進む意思も出てくるようになりました。
表情からどんどん柔らかさが出るようになり、恐い先輩だと思われていたようでしたが、後輩から、『最近なんかきれいになりましたよね〜。』と言われるようになったり。
ご自身のスレンダー体型を活かしたふんわりした洋服を選ぶようになったり、と行動のベースも、”今の自分に満足できていて選べる状態”に変わったことで、周りからの扱われ方が違う!!と喜んでおります。
本当によかったです〜✨


Bさんの場合、心とカラダの柔らかさ=田中みな実ボディになること、という限定した成果と思い込みがあることで、すでに変わり始めていた内面の変化を、最初は気づいてあげることができませんでした。
ですが、心とカラダが循環することで、そのままの自分で満足すると、自分ではない誰かにならなくても、自分に自信を持って自分らしい心とカラダの柔らかさの価値観、に気づきはじめました。

あなたの心とカラダの柔らかさとはなんですか??

それはあなたの内側が満たされて初めて、自分なりの”柔らかさ”に気づけていけるものですよ✨
カラダでまずは体感しましょう✨

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。